中原区版 掲載号:2021年2月26日号 エリアトップへ

西中原中男子バレー 自主練励み、進化遂げ 県新人戦で優勝の実力

スポーツ

掲載号:2021年2月26日号

  • LINE
  • hatena
新人戦で快挙を成し遂げた1、2年生ら
新人戦で快挙を成し遂げた1、2年生ら

 跳躍力を生かし、力強くボールを叩きつけるのは西中原中学校の男子バレーボール部員ら。昨年末、神奈川県の新人戦にあたる「指導者研修会兼新人研修会」で優勝を果たした。新人戦での快挙は同校にとって約10年ぶり。2年生の二瓶(にへい)晴輝キャプテンは「優勝したときのことは興奮してあまり覚えていないが、ここで負けたら恥だと思って戦った。今回の大会で見つけた課題を修正し、春の大会でも優勝を狙いたい」と意気込む。

向丘中学校の5連覇を阻止

 決勝で激突した向丘中は、新人戦4連覇中の強豪校。1セット目は快勝するも2セット目で苦戦。試合後半に点差をつけられたが、再び巻き返して26対24で勝利。向丘中の5連覇を阻止した。西中原中は今年、向丘中との練習試合で全敗しており、同部の顧問で、監督も務める青木謙典教諭は「何度も負けてきた相手によく最後まで諦めず戦ってくれた。自分たちのプレーに自信を持つきっかけにもなったと思う」と熱を込めた。

 感染予防対策で昨年3月から夏休み前まで部活動の中断を余儀なくされた。予定されていた大会が軒並み中止になるなか、部員らは自主練習に励んだ。青木監督は「トレーニングメニューの相談など、休校中も密にコミュニケーションを取っていた。次の大会がいつ開催されるか分からなかったが、モチベーションはみんな高かった」と振り返る。部活再開後も限られた時間で猛練習。各々が得意分野を伸ばすことでチーム全体のレベルを上げた。

 同部は現在、4月から6月に行われる春の県大会に向けて日々練習を重ねている。

春の大会に向けて練習に励む
春の大会に向けて練習に励む

中原区版のローカルニュース最新6

等々力で球春到来

川崎野球協会中原支部

等々力で球春到来 スポーツ

13チームがリーグ戦へ

4月16日号

未指定「文化財」募る

未指定「文化財」募る 文化

市顕彰制度、4年目に

4月16日号

災害時に入浴支援

災害時に入浴支援 社会

浴場組合が市と協定

4月16日号

県内SDGs事例を冊子に

県内SDGs事例を冊子に 社会

中小企業の15事例掲載

4月16日号

所属委員会決まる

所属委員会決まる 政治

川崎市議会

4月16日号

局長級の女性は2人

局長級の女性は2人 社会

4月1日付市人事

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter