麻生区版 掲載号:2016年7月15日号 エリアトップへ

都市ブランド推進事業 民間力で川崎の魅力発信 「愛着醸成」含む7件を選定

文化

掲載号:2016年7月15日号

  • LINE
  • hatena

 川崎の魅力を広く市内外にアピールすることが見込まれる取り組みを民間から募集し、費用と広報の両面から行政がバックアップする「川崎市都市ブランド推進事業」7件がこのほど発表された。

 選定されたのは東扇島東公園で開催される音楽フェスや、福祉チャリティーのプロレス大会、市制100周年に関するプロジェクト、障害者らの就労体験など7つの取り組み。

 同事業は2005年から市が個人や事業者、NPO法人、各種団体に向けて公募を行ってきた「市イメージアップ事業」をリニューアルさせたもの。川崎の都市イメージを向上させるという従来の目的に加え、2015年3月に策定されたシティプロモーション戦略プランの考えを反映させた「市民の川崎への愛着や誇り(シビックプライド)を醸成する事業」にも新たに対象範囲を広げ、募集が行われた。審査方法もこれまでの書類審査に加え、応募者によるプレゼンテーションと、学識経験者や専門家などによる審査委員会による内容審査も実施。

 川崎市シティプロモーション推進室は「事業者が持つ川崎市への愛着を伝えてもらうプレゼンや、行政関係者を含まない審査委員会がプロの眼で効果の検証などを行い、客観性を高めた選定を行った。行政だけでは出来ない取り組みを民間の力を借りることで、市民の愛着や誇りの醸成という目的を共に推進していくことが期待できる」と話す。

 川崎市は選定した事業に対し、直接経費の半額(上限50万円)の助成を行うほか、市政だよりやホームページといった広報媒体を活用してのPRを行うなど、7件の活動をバックアップしていく。

区内からは「HEAT-UP」

 麻生区内からは栗平に道場を構えるプロレス団体「プロレスリングHEAT-UP」が10月31日に開催する「とどろきアリーナ大会」が選ばれた。同団体はこれまで、新百合ヶ丘周辺を拠点に、プロレスを通じて、就労体験などの障害者支援や、挑戦する姿勢を見せることで夢や目標をもつことの大切さを伝える青少年育成、いじめ撲滅などに取り組んできた。とどろきアリーナ大会では、認知度の向上と社会貢献活動の充実、市のイメージアップを目指す。

 同団体の代表・田村和宏さんは「ブランド推進事業ありきではなく、とどろきアリーナ大会は、川崎市を盛り上げようと開催が決まっていたもの。市と協力してプロレスの魅力を広め、一人でも多くの方に観に来ていただきたい」と話した。

麻生区版のトップニュース最新6

自治功労で旭日単光章

虹ヶ丘在住角山雅計さん

自治功労で旭日単光章 社会

40年にわたる功績評価

5月14日号

「農地を守れ」JAと協定

川崎市

「農地を守れ」JAと協定 社会

税優遇制度周知へ

5月14日号

通報・撮影 検挙に貢献

岡上在住荒川さん

通報・撮影 検挙に貢献 社会

麻生署から感謝状

5月7日号

川崎市と連携 モデルへ

チャット相談あなたのいばしょ

川崎市と連携 モデルへ 社会

「望まない孤独」対策、前進

5月7日号

10周年に記念誌作成

麻生区保護司会

10周年に記念誌作成 社会

これまでの歩みを記録

4月30日号

「カード詐欺盗」入電が急増

麻生区内

「カード詐欺盗」入電が急増 社会

4月から 量販店装う

4月23日号

意見広告・議会報告政治の村

  • ワクチン接種 Q&A

    新型コロナウイルス感染症 連載 86

    ワクチン接種 Q&A

    みらい川崎市議会議員団 こば りか子

    5月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

苔玉づくりに挑戦

苔玉づくりに挑戦

6月7日 リリオスで

6月7日~6月7日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」謎の深い前滝口榎下重兼たち【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    5月14日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」謎の深い前滝口榎下重兼たち【1】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    5月7日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter