川崎区・幸区版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

反ヘイト市民団体 「実効性ある条例を」 市議会議長に意見書提出

社会

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena
意見書を提出する関田代表(左)
意見書を提出する関田代表(左)

 川崎市が制定を目指す差別禁止条例が現在開会中の議会で一つのヤマ場を迎える。そうした中、刑事罰など実効性のある条例にしてもらおうと、市民団体「ヘイトスピーチを許さない川崎市民ネットワーク」は今月5日、山崎直史川崎市議会議長に10項目からなる意見書を提出した。

「差別根絶が市民総意」

 市は今年3月にあらゆる差別の根絶を目指す「川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」の骨子案を公表。その後、条例案の策定作業を進め、現在、会期中の議会で素案を示す。

 ヘイトスピーチ解消法の成立から3年が経過し、川崎市では公的施設でのヘイトスピーチを事前規制するガイドラインが成立した。一方で、学習会や政治活動に名を借りたヘイトスピーチは後を絶たないことが指摘されている。インターネット上での差別的言動も横行する。「差別を根絶するにはもはや理念ではない、実効性のある条例が必要」と同ネットワークは強調する。

 同ネットワークが作成した意見書は▽差別に当たるのか、明確で具体的禁止条項を置く▽ヘイトスピーチを含む人種差別については、刑事罰を含めた制裁規定を置く▽インターネット上のヘイトスピーチ対策の強化の明記▽現行のガイドラインの改正―など10項目を求める。

 山崎議長のもとを訪れた関田寛雄同ネットワーク代表は「東京オリンピックも見据え、具体的な効果のある条例を作っていただきたい」と要請。山田貴夫さんは「意見書は東京弁護士会が作成した人種差別撤廃モデル条例案がベースになっている。参考にしていただきたい」と語った。

 これに対し、山崎議長は「気持ちは分かった」と応じた。

 その後の記者会見で同ネットワークの崔(チェ)江以子(カンイデャ)さんはヘイトスピーチ解消法成立に力を尽くした国会議員が先月31日に記者会見をした言葉を引き、「川崎で出来る条例は全国の模範となり、灯台の役割を果たす」と意義を強調した。その上で「私たちは16回にわたり学習会を開き、市民が求める条例を作った。福田市長は市民の総意で条例を制定したいという。市民が求めているのは差別の根絶」と述べ、議長のリーダシップの発揮に期待を寄せた。

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

ブラサカの妙技披露

丹羽海斗選手

ブラサカの妙技披露 スポーツ

南河原中で一日講師

1月24日号

「特別教室」1割止まり

市立小中施設利用

「特別教室」1割止まり 教育

市、モデル事業で促進へ

1月24日号

「複数タイトル目指す」

「複数タイトル目指す」 スポーツ

川崎Fが新体制会見

1月17日号

救急出動 30年で2.5倍

川崎市

救急出動 30年で2.5倍 社会

7万5千件、11年連続最多

1月17日号

4大大会V目指す

川崎区出身望月選手

4大大会V目指す スポーツ

テニストップ舞台へ挑戦

1月10日号

川崎から2人 聖火つなぐ

2020東京五輪

川崎から2人 聖火つなぐ スポーツ

「感謝」胸に、7月1日出走

1月10日号

多様な魅力 「創発」で

多様な魅力 「創発」で 社会

福田市長、2020年を語る

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク