幸区版 掲載号:2014年4月18日号 エリアトップへ

シリーズ ロータリークラブ会長【5】 社会奉仕の更なる強化を 木村教義さん(株式会社川崎中央プランナー代表取締役)

社会

掲載号:2014年4月18日号

  • LINE
  • hatena

 来期で創立30周年を迎える川崎中央ロータリークラブの会長として、同クラブの「社会奉仕活動のさらなる強化」を目指す。

 その柱として今年からより力を入れるのが、市立田島支援学校(旧称・田島養護学校)への寄贈事業。就労訓練の一環でもある清掃の練習に使ってもらおうと、モップやほうきを贈る。例会の質向上にも尽力。なるべく多くの会員の意見を活動に反映しようと、パネルディスカッションの積極的な活用を行っている。

 「生きがい」と断言するほどロータリー活動に熱意を傾けている。ともに活動する会員たちには「私がこうしたい、ああしたいというのを見守っていてくれる。本当に懐が深い」と感謝を惜しまない。

 本業は不動産業。息子との登山が趣味で、槍ヶ岳や穂高岳などの名峰を数々踏破してきた。登山の魅力は「登るにつれて変化する景色の美しさ」。

幸区版のローカルニュース最新6

TARO賞、26作品集う

岡本太郎美術館

TARO賞、26作品集う 文化

4月9日まで作品展

2月24日号

30項目で初動体制確認

30項目で初動体制確認 社会

幸区春の防災訓練で

2月24日号

9人に自治功労賞

9人に自治功労賞 社会

「今後も市政の発展に寄与する」

2月24日号

エイサーの迫力に魅了

エイサーの迫力に魅了 社会

白山幼稚園で演舞会

2月24日号

障害者スポーツを体験

2月25日

障害者スポーツを体験 スポーツ

富士通スタでFD競技会も

2月24日号

総力戦で勝利つかむ

川崎ブレイブ

総力戦で勝利つかむ スポーツ

大阪に1勝1敗

2月24日号