幸区版 掲載号:2014年4月25日号 エリアトップへ

ジュニアプロデューサー ミューザ公演に向け奮闘 児童12人が企画会議

掲載号:2014年4月25日号

  • LINE
  • hatena
企画会議に臨むJr.プロデューサー
企画会議に臨むJr.プロデューサー

 小学生が企画、演出するコンサートの内容を話し合う「ジュニア・プロデューサー会議」が4月19日、ミューザ川崎で行われた。

 ミューザ川崎シンフォニーホールの開館記念日「ミューザの日」の7月1日に開かれるイベントのひとつ「ジュニア・プロデューサー企画公演」を成功させるために、市内の児童12人がプロデューサーとなって会議を開いており、今回が4回目の会議。昨年から始まった企画で、昨年演奏会を成功させた卒業生らもサポーターとして協力している。

 子どもたちは、これまで会議を重ね、開演時間等を決めてきた。この日は演奏会の広報や企画・制作の担当に分かれ、広報の仕方や料金設定、構成などの話し合いや本番までの日程を決めていった。

 企画・制作を担当することになった徳沢和華さん(小6)は「自分たちで考えて、お客様が喜ぶようなコンサートにしたい」と意気込んだ。

 出演はフランチャイズオーケストラの東京交響楽団のメンバーで、バイオリンやチェロ、ヴィオラによる弦楽四重奏で構成される。今後も本番まで会議を重ね、曲目やPR方法などを話し合い、公演をプロデュースしていく。

幸区版のローカルニュース最新6

TARO賞、26作品集う

岡本太郎美術館

TARO賞、26作品集う 文化

4月9日まで作品展

2月24日号

30項目で初動体制確認

30項目で初動体制確認 社会

幸区春の防災訓練で

2月24日号

9人に自治功労賞

9人に自治功労賞 社会

「今後も市政の発展に寄与する」

2月24日号

エイサーの迫力に魅了

エイサーの迫力に魅了 社会

白山幼稚園で演舞会

2月24日号

障害者スポーツを体験

2月25日

障害者スポーツを体験 スポーツ

富士通スタでFD競技会も

2月24日号

総力戦で勝利つかむ

川崎ブレイブ

総力戦で勝利つかむ スポーツ

大阪に1勝1敗

2月24日号