幸区版 掲載号:2014年10月24日号 エリアトップへ

性同一性障害を知って ある母子の経験談から㊤

社会

掲載号:2014年10月24日号

  • LINE
  • hatena

 からだとこころの性が一致しない性同一性障害(GID)の人の戸籍上の性別変更を認める特例法が施行されて10年が過ぎた。そうした中「GIDへの理解を深めてほしい」と、本紙に語ったのは、川崎市北部に在住する諭吉さんとその母親、一葉さん=いずれも仮名=。2人の経験談を交えながらGIDを考える。

 現在19歳の諭吉さんは、女として生まれたが、幼稚園の時から女性であることに違和感があった。小学校入学の際、赤いランドセルを買ってもらったが「女っぽくてありえない」と思った。

 学校では男の子と仲良くしたかった。だから女の子の輪の中には入らなかった。そんな諭吉さんに一葉さんは「スカートをはきなさい」「女の子と遊びなさい」と言ったことも。「当時はちょっと男の子っぽい女の子と受け止めていた」と一葉さんは振り返る。 ―続く

 「一口にGIDといっても一人ひとりの経験、体験は異なります」と一葉さん。経験談は一事例として受け止めてほしいと語る。
 

幸区版のローカルニュース最新6

TARO賞、26作品集う

岡本太郎美術館

TARO賞、26作品集う 文化

4月9日まで作品展

2月24日号

30項目で初動体制確認

30項目で初動体制確認 社会

幸区春の防災訓練で

2月24日号

9人に自治功労賞

9人に自治功労賞 社会

「今後も市政の発展に寄与する」

2月24日号

エイサーの迫力に魅了

エイサーの迫力に魅了 社会

白山幼稚園で演舞会

2月24日号

障害者スポーツを体験

2月25日

障害者スポーツを体験 スポーツ

富士通スタでFD競技会も

2月24日号

総力戦で勝利つかむ

川崎ブレイブ

総力戦で勝利つかむ スポーツ

大阪に1勝1敗

2月24日号