幸区版 掲載号:2015年4月17日号 エリアトップへ

市内小学生12人 コンサートをプロデュース 7月、ミューザ川崎で公演

教育

掲載号:2015年4月17日号

  • LINE
  • hatena
楽団員を前にプレゼンテーションをする児童ら
楽団員を前にプレゼンテーションをする児童ら

 ミューザ川崎シンフォニーホールは、子どもたちがコンサートをプロデュースする「ジュニア・プロデューサー」企画を今年も実施している。今回で3回目になった企画には、市内から51人の児童(小学4〜6年生)が応募、書類選考などにより12人の児童がジュニア・プロデューサーに選ばれた。

 すでに3月から活動を開始しており、児童らはミューザの開館記念日である7月1日に開くコンサートを創り上げていく。

 4月12日には、オーケストラへの出演依頼をプレゼンテーション形式で実施、ミューザ川崎シンフォニーホールのフランチャイズオーケストラでもある東京交響楽団の楽団員約80人を前にスピーチを行った。当初は緊張していた子どもたちもスピーチが始まると、自分のセリフを一人ひとり堂々と話し始めた。

 「音楽を知らない小さな子にも、音楽の良さを伝えられるような、楽しいコンサートを一緒に作ってもらいたいです。東京交響楽団のみなさんには、弦楽四重奏で季節に関する曲やストーリーに合った曲を演奏してもらいたいです」と熱いメッセージを伝えると楽団員らは大きな拍手を送っていた。

 子どもたちはこの後、広報・企画・運営の班に分かれ、コンサートをプロデュースしていく。

幸区版のローカルニュース最新6

TARO賞、26作品集う

岡本太郎美術館

TARO賞、26作品集う 文化

4月9日まで作品展

2月24日号

30項目で初動体制確認

30項目で初動体制確認 社会

幸区春の防災訓練で

2月24日号

9人に自治功労賞

9人に自治功労賞 社会

「今後も市政の発展に寄与する」

2月24日号

エイサーの迫力に魅了

エイサーの迫力に魅了 社会

白山幼稚園で演舞会

2月24日号

障害者スポーツを体験

2月25日

障害者スポーツを体験 スポーツ

富士通スタでFD競技会も

2月24日号

総力戦で勝利つかむ

川崎ブレイブ

総力戦で勝利つかむ スポーツ

大阪に1勝1敗

2月24日号