幸区版 掲載号:2015年6月19日号 エリアトップへ

シリーズ語り継ぐ戦争【5】 戦争がもたらす影響 高橋芳雄さんの記憶

社会

掲載号:2015年6月19日号

  • LINE
  • hatena
戦争時の体験を語る高橋さん
戦争時の体験を語る高橋さん

 戦後70年経った今年、戦争の悲惨さを語り継ぐため、区民の体験、区内の風景を通して、幸区に残る戦争の記憶をたどる。下平間在住の高橋芳雄さん(82)は戦争犠牲者の姿を記憶、「戦後も、影響は残っている」と語る。

 終戦間際、宮前区の東泉寺に学童疎開していた高橋さんは、3月10日の東京大空襲の日、東の空が真っ赤に光り火花が雨のように降り注ぐ光景を目にした。「川崎の方は大丈夫だろうか?子どもながら涙を流し、空を眺めていた」と振り返る。

 さらに、中等学校に入って半月程が経過した時には、川崎空襲が発生。市周辺部は爆撃を受け、市街地はプラットホームや市役所などしか残っていなく、海が見えたという。

 住んでいた長屋も爆撃を受け、直前まで家事を手伝っていた高橋さんは「空襲前に『えらいわね』と声をかけてもらったお姉さんが死んでしまった」と声を落とす。市内の道路には遺体が放置され、雨が降ると遺体から煙が立ち上っていたという。

 家を失った高橋さんは鹿島田に移り住む。たびたび空襲警報が鳴っては、鶴見操車場や多摩川付近(現在の総合科学高校)のあたりに爆弾が落ちていたという。

 5月中旬、空襲が頻繁になると大田区方面の上空にB29の編隊が飛んできては、特攻隊が体当たりしていく姿が見えたという。「自己を犠牲にしても敵をやっつける姿は涙が止まらなかった」と話す。

 8月には、広島や長崎が”新型爆弾”により壊滅したという情報が流された。そして、終戦を迎えた時、「えっ、負けたの?」という気持ちに。「日本人は生きていられないのでは」という恐怖に襲われたという。

 「戦争で亡くなった人のおかげで、今の平和があると思う。その人たちのためにもつぐないをしていかなきゃいけない」と話す高橋さんは「再び戦争がおきるのが一番怖い」と話す。

 最近は、戦時中習うことがなかった英語を学ぶため、英会話サークルに入り英語に親しんでいる。また、多文化共生にも興味を示し、「多くの外国人と交流を持ち、将来戦争のない平和国家づくりに貢献したい」と語った。

戦後70年 語り継ぐ戦争の記憶

タウンニュースの各発行エリアで企画・編集した関連記事まとめ

http://www.townnews.co.jp/postwar70.html

幸区版のローカルニュース最新6

TARO賞、26作品集う

岡本太郎美術館

TARO賞、26作品集う 文化

4月9日まで作品展

2月24日号

30項目で初動体制確認

30項目で初動体制確認 社会

幸区春の防災訓練で

2月24日号

9人に自治功労賞

9人に自治功労賞 社会

「今後も市政の発展に寄与する」

2月24日号

エイサーの迫力に魅了

エイサーの迫力に魅了 社会

白山幼稚園で演舞会

2月24日号

障害者スポーツを体験

2月25日

障害者スポーツを体験 スポーツ

富士通スタでFD競技会も

2月24日号

総力戦で勝利つかむ

川崎ブレイブ

総力戦で勝利つかむ スポーツ

大阪に1勝1敗

2月24日号