幸区版 掲載号:2015年10月30日号 エリアトップへ

川崎市 就学援助対象を縮小 市は「個別で対応図る」

教育

掲載号:2015年10月30日号

  • LINE
  • hatena

 文部科学省が行った今年度の「就学援助」の実態調査の結果が今月6日に公表された。それによると、全国27の市町村で同援助の対象が縮小されたことがわかり、川崎市もその一つとなっている。

 就学援助制度は、経済的に苦しい子どもたちに自治体が学用品費などを補助する制度で、川崎市でも子どもを市立小・中学校に通学させるのが経済的に困難な家庭に対し、学用品費、給食費、修学旅行費など必要な費用を援助している。

 援助の対象は、生活保護費の基準額を目安にしている自治体が多く、川崎市も前年の収入が前年度4月1日現在の生活保護の基準額よりも少ない世帯などとなっている。

 国は2013年8月から15年度まで3年かけて段階的に生活保護費の基準見直し(引下げ)を実施。それにより、14年4月1日の基準額は13年同日の額よりも下がり、川崎市でも前年度の基準では対象に含まれた小・中学生が認定されないという影響が出た。

 文科省は自治体に対し、13年から影響が出ないようにと再三通知。援助が受けられない子どもが増えないように基準を見直した自治体も多いが、川崎市は対応をとらなかった。

 これについて市は、「国の生活保護費の引き下げは適正化を図るものと捉えており、それを目安としている就学援助の対象も適正なものになると考えていた」と話す。

 市では、「病気で医療費が大幅に膨らみ生活費がないとか、会社をリストラされ急に収入が下がってしまったなど、個別に事情を考慮して対応するケースもあるので、まずは相談してみてほしい」と話している。

幸区版のローカルニュース最新6

TARO賞、26作品集う

岡本太郎美術館

TARO賞、26作品集う 文化

4月9日まで作品展

2月24日号

30項目で初動体制確認

30項目で初動体制確認 社会

幸区春の防災訓練で

2月24日号

9人に自治功労賞

9人に自治功労賞 社会

「今後も市政の発展に寄与する」

2月24日号

エイサーの迫力に魅了

エイサーの迫力に魅了 社会

白山幼稚園で演舞会

2月24日号

障害者スポーツを体験

2月25日

障害者スポーツを体験 スポーツ

富士通スタでFD競技会も

2月24日号

総力戦で勝利つかむ

川崎ブレイブ

総力戦で勝利つかむ スポーツ

大阪に1勝1敗

2月24日号