幸区版 掲載号:2016年2月19日号 エリアトップへ

岡本太郎美術館 「TARO賞」作品集う 23組入選、市内から2人

文化

掲載号:2016年2月19日号

  • LINE
  • hatena
岡本太郎賞の三宅さん(32)と受賞作品
岡本太郎賞の三宅さん(32)と受賞作品

 次代のアーティストに焦点を当てる「岡本太郎現代芸術賞」(TARO賞)が今月決まり、入選作品の展示会が4月10日(日)まで、多摩区の川崎市岡本太郎美術館で開催されている。

 19回目の今回は応募作品485点のうち、24歳から72歳の23組が入選。川崎市内からは國本翼さん(中原区)、森本孝さん(多摩区)が選出。最高賞の岡本太郎賞には、都内在住の三宅感さんが選ばれた。

 三宅さんは「青空があるでしょう」と題した、紙粘土を使った壁画を制作。障害者施設で働く傍ら、約3年がかりで完成させた。第一子の誕生や身内の不幸に直面する中、人生をテーマにしてアイデアを練り「夢、母体、子供心、自我、生活、仕事、誕生と死」という7つのキーワードをつなげた。「身近で気恥ずかしい現代の根本的なテーマに向き合った」という三宅さん。「(見る人にも)そのようなことを考えるきっかけになれば」と思いを語った。

 開館は午前9時30分〜午後5時。月曜、祝日の翌日は休館。会期中、週末にパフォーマンスを不定期で企画(詳細は同館ウェブサイトに掲載)。問い合わせは【電話】044・900・9898。

幸区版のローカルニュース最新6

TARO賞、26作品集う

岡本太郎美術館

TARO賞、26作品集う 文化

4月9日まで作品展

2月24日号

30項目で初動体制確認

30項目で初動体制確認 社会

幸区春の防災訓練で

2月24日号

9人に自治功労賞

9人に自治功労賞 社会

「今後も市政の発展に寄与する」

2月24日号

エイサーの迫力に魅了

エイサーの迫力に魅了 社会

白山幼稚園で演舞会

2月24日号

障害者スポーツを体験

2月25日

障害者スポーツを体験 スポーツ

富士通スタでFD競技会も

2月24日号

総力戦で勝利つかむ

川崎ブレイブ

総力戦で勝利つかむ スポーツ

大阪に1勝1敗

2月24日号