幸区版 掲載号:2016年2月26日号 エリアトップへ

環境学習の成果を発表 子どもワークショップ

教育

掲載号:2016年2月26日号

  • LINE
  • hatena
各校が独自のテーマで発表した
各校が独自のテーマで発表した

 川崎市内の小・中・高校生が環境をテーマとした学習結果を発表する「エネルギー・環境子どもワークショップin川崎2016」が2月13日、市立大戸小体育館(中原区)で開催された。

 市内の19の学校から約320人が参加。当日はブースごとに分かれて、各校が独自の研究成果を発表した。テーマは地球温暖化、多摩川の生態系・水質・周辺環境、残飯、米作りなどさまざまで、それぞれがスライドや表などを使って来場者に説明していった。

 児童、生徒の保護者をはじめ行政や団体の関係者らが多く訪れ、昔ながらの火おこし体験、クイズなどには多くの人だかりができていた。

 子どもたちや来場者の支持を、一番多く集めた学校に送られる川崎ぴんぽん大賞には、下作延小が選ばれた。同校は『下作環境レンジャー〜ミッション!エネルギーの大切さを伝えよう〜』と題し、人類初のエネルギーである「火」についての研究成果を披露した。

 ワークショップの実行委員会では「子どもたちの発表が年々上手になっているのを感じる。きっとそれぞれの発表が刺激になっているのだと思う。お互いが高め合ってエネルギー・環境について学んでいければ」と話した。

幸区版のローカルニュース最新6

TARO賞、26作品集う

岡本太郎美術館

TARO賞、26作品集う 文化

4月9日まで作品展

2月24日号

30項目で初動体制確認

30項目で初動体制確認 社会

幸区春の防災訓練で

2月24日号

9人に自治功労賞

9人に自治功労賞 社会

「今後も市政の発展に寄与する」

2月24日号

エイサーの迫力に魅了

エイサーの迫力に魅了 社会

白山幼稚園で演舞会

2月24日号

障害者スポーツを体験

2月25日

障害者スポーツを体験 スポーツ

富士通スタでFD競技会も

2月24日号

総力戦で勝利つかむ

川崎ブレイブ

総力戦で勝利つかむ スポーツ

大阪に1勝1敗

2月24日号