幸区版 掲載号:2016年7月22日号 エリアトップへ

市消防団操法大会 第1・第2分団が敢闘賞 優勝は臨港消防団

社会

掲載号:2016年7月22日号

  • LINE
  • hatena
ホースを肩に背負い放水の準備をする消防団員
ホースを肩に背負い放水の準備をする消防団員

 「川崎市消防団操法大会」が6月26日、宮前区の市中央卸売市場北部市場で開かれ、幸消防団第1分断と第2分団が敢闘賞に輝いた。

 大会には、川崎市内各区の予選会を勝ち抜いた8消防団16チームが出場。1チーム4人で、消防ホースを延ばして放水し、標的を倒すまでのタイムと安全確実な動作を競った。

 最優秀賞は臨港消防団第1分団第2班。優秀賞に麻生消防団柿生分団片平班。優良賞は多摩消防団中野島班と臨港消防団第1分団第1班。

 大会を制した臨港消防団第1分団第2班と臨番の麻生消防団麻生東分団の2チームは川崎市の代表として7月28日(木)に神奈川県防災センターで開催される神奈川県消防団操法大会に出場する。

 その他の結果は以下の通り。

 [敢闘賞]▽中原消防団住吉分団▽麻生消防団麻生東分団▽中原消防団大戸分団▽多摩消防団生田分団長沢班▽宮前消防団宮前分団馬絹班▽川崎消防団第2分団▽川崎消防団第4分団▽宮前消防団向丘分団神木班▽高津消防団橘分団▽高津消防団高津分団溝口班