幸区版 掲載号:2016年7月29日号 エリアトップへ

非常食アレンジ学ぶ 市民団体が実施

社会

掲載号:2016年7月29日号

  • LINE
  • hatena
調理実習をする参加者
調理実習をする参加者

 オーベルグランディオ川崎ガールズ会(井上優子代表)は、非常食を定期的に食べて、食べた分を買い足す備蓄法「ローリングストック法」を学ぶ講座を7月21日、市民館で開催した。

 同会は神明町のマンション「オーベルグランディオ川崎」の女性住民が東日本大震災を機に、主にマンション内のコミュニケーションを活発化させようと2012年から活動を始めた。

 当日は、東京ガス川崎支店の花巻美保さんが講師を務め、ローリングストック法などついて講演。参加者は非常食の乾燥即席餅をアレンジした「いか飯風ごはん」や乾パンを用いた「フルーツプディング」などを作って味わった。参加者からは「予想以上においしかった」「友達にも教えてあげたい」といった感想が挙がった。

 村岡美紗副代表は「親子で楽しみながら学んでもらえて良かった」と話した。