さがみはら中央区版 掲載号:2018年2月1日号
  • LINE
  • はてぶ

第二の青春、200人集う 市内初の「ダブル成人式」

社会

県外からも駆け付けた参加者ら(上)出し物の歌の披露(右下)あいさつする飯田実行委員長(左下)
県外からも駆け付けた参加者ら(上)出し物の歌の披露(右下)あいさつする飯田実行委員長(左下)
 成人から20年という節目を祝うイベント「相模原市ダブル成人式」が1月28日、ホテルラポール千寿閣(南区)で行われ、中央区内の中学校に通っていた約200人が集った。

 40歳の節目を祝うイベントが市内で行われるのは初。同世代の仲間と集い、街について考えるきっかけになればと、南区で電気工事などを手掛ける飯田美津夫実行委員長が企画した。

 イベントに対しては市からの後援も取り付け、集客にはSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)などを駆使。昨年4月から今年3月までに40歳を迎える人々を対象に、中学校単位で出席を取りまとめるなど、一人でも多くの人が参加できるよう工夫を凝らした。

 当日は中学校ごとにテーブルが設けられ、旧友との再会を喜ぶ人々の笑顔で会場はいっぱいになった。会の冒頭であいさつに立った飯田実行委員長は「同世代で悩みを共有し、私たち責任世代が相模原市の魅力について考える機会になれば」と話した。その後は市内の銘酒・相模灘で鏡開きを行い、歌の出し物やお笑い芸人のステージなどが行われ、会場は大いに盛り上がった。

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6件

さがみはら中央区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月25日号

お問い合わせ

外部リンク