さがみはら中央区版 掲載号:2019年5月30日号 エリアトップへ

相模原JC主催イベント 巨大カルタに熱中 100人が市の魅力学ぶ

社会

掲載号:2019年5月30日号

  • LINE
  • hatena
他に負けじとカルタを取り合う子どもたち
他に負けじとカルタを取り合う子どもたち

盛況のうちに終わった初夏の祭典「相模原市民若葉まつり」。11、12日の2日間行われ、延べ40万人が来場した今年のまつりでは、目玉イベントの1つとして「相模大型カルタ合戦」が行われた。

 同催しは、「桜」「若葉」両市民まつりを中心となって立ち上げた(公社)相模原青年会議所(相模原JC)が主管。リニア中央新幹線やJAXA宇宙科学研究所、宮ヶ瀬ダムなど相模原に縁のある名所やその歴史が紹介されたカルタを用いることで、市民の誇りや愛着(シビックプライド)を醸成する目的で実施された。

 大型カルタへの2日間の参加人数は96人。初日の練習体験を経て12日には予選会、最終決戦が行われた。青空のもと、進行役が上の句を読み上げると、甲冑姿の子どもたちが新聞紙大の47枚の巨大カルタに一斉に飛びつき、カルタを取り合った。同催しには本村賢太郎相模原市長や市観光親善大使らも参加。参加者は相模原の魅力について楽しみながら学んでいた。

 当日を振り返り同催しの担当委員長である相模原JCの青木亮さんは、「相模原の魅力を知って頂く一歩になった。市内の小学校などでもっと利用してもらい、広く知ってもらえるよう取り組んでいきたい」と話した。今後に向けては「『明るい豊かな社会』の実現に向け、すべての方が楽しめる企画を考えたい。来年以降もぜひ期待して頂ければ」と呼びかけた。


 

本村市長(左)や相模原JCの宇田川隼理事長も参加
本村市長(左)や相模原JCの宇田川隼理事長も参加
相模原の名所が描かれた巨大カルタを手にポーズ
相模原の名所が描かれた巨大カルタを手にポーズ

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

迫力の取組で観客魅了

迫力の取組で観客魅了 スポーツ

市内巡業人気力士に歓声

10月17日号

進め方めぐり議論百出

淵野辺駅南口市民検討会

進め方めぐり議論百出 社会

検討期限求める声も

10月17日号

卓球元全日本王者が指導

卓球元全日本王者が指導 社会

中RC「夢追う契機に」

10月17日号

”和泉らしい”温かな学祭に

和泉短期大学

”和泉らしい”温かな学祭に 教育

10月17日号

「テンペ」で最多得票

「テンペ」で最多得票 社会

地域クラウド交流会

10月17日号

宇宙の今を知ろう

宇宙の今を知ろう 教育

11月 JAXA特別公開

10月17日号

SС、後半戦初の連勝

SС、後半戦初の連勝 スポーツ

リーグ戦12位に浮上

10月17日号

あっとほーむデスク

  • 10月17日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 9月12日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

宇宙の今を知ろう

宇宙の今を知ろう

11月 JAXA特別公開

11月2日~11月2日

さがみはら中央区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク