さがみはら中央区版 掲載号:2021年1月21日号 エリアトップへ

市内在住持田さん 卓球日本一に向け「準備」中 3月、全国大会へ 

スポーツ

掲載号:2021年1月21日号

  • LINE
  • hatena
練習を重ねる持田さん
練習を重ねる持田さん

 区内の卓球クラブに通う持田陽向さん(12・緑区千木良在住)が現在、3月に行われる全国大会に向け、練習に励んでいる。昨年末開かれた、12歳以下の都道府県チーム日本一を競う「全国ホープス選抜卓球大会」の神奈川県予選(男子6年生の部)で優勝。代表に選出され、念願の日本一をめざし、ラケットを握る毎日だ。

 全国大会は、シングル戦として行われた県予選とは異なり、各地区の代表3選手で構成される団体戦(6年生2人、5年生1人)で行われるため、持田さんは最上級生のエースとしてチームを引っ張る役割も担うことになる。「一緒に練習することもある、5年生で同じ相模原の西沢凛太さんも神奈川の代表に選ばれた。一緒に戦えるのはうれしい」と持田さんは話し、「小学生として最後の大会。みんなで日本一をめざしたい」と意気込みをみせる。

課題は「3ターン」目

 攻撃力に勝る持田さんの課題が、「3ターン」目の守備。県予選では、持田さんのサーブに対して、ネットの手前に回転がかかったレシーブを相手選手に打たれると、持田さんは前屈みとなってしまい、その返しのショットが乱れるケースが少なくなかった。そのため、現在はネット手前の球さばきの練習にも時間を割くようにしているのだという。「県予選では相手に狙われたところもあった。改善したいと思う」と持田さん。

 指導に当たるエーアールアイ卓球スタジオ(相模原)の新井祐将代表は「最近、技術力が格段にアップしたと感じる。日本一をめざしてもらいたい」と話している。
 

一緒に練習に取り組む、同スタジオの新井新次総監督(左)と妹の桜奏さん
一緒に練習に取り組む、同スタジオの新井新次総監督(左)と妹の桜奏さん

未来へつなぐ、家づくり

相模原で30年。お客様の暮らしに寄り添った住宅をお届けします。

http://www.thirty-four.co.jp

相模原市から大切なおしらせ

市民税非課税世帯等に臨時特別給付金を支給しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/fukushi/1024533.html

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

和泉短大が授業研究会

和泉短大が授業研究会 教育

小中学校との連携を強化

6月30日号

独自グッズで応援

田名北小学校

独自グッズで応援 文化

6月30日号

夢・挑戦・達成

祝D1昇格ダイナボアーズ 

夢・挑戦・達成 教育

6月30日号

「どんどん強くなって」

「どんどん強くなって」 スポーツ

九沢小児童がエール

6月30日号

菅井汲作品展

菅井汲作品展 文化

誠文堂で4日から

6月30日号

チャリティCに3組6人を招待

平浜ひろしさん

チャリティCに3組6人を招待 社会

6月30日号

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら中央区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook