さがみはら中央区版 掲載号:2021年7月29日号 エリアトップへ

コロナ禍でも「地域と共に」 相模福祉村が恒例文化祭

コミュニティ社会

掲載号:2021年7月29日号

  • LINE
  • hatena
プラネタリウムを楽しむ利用者ら=16日、たんぽぽの家(田名)
プラネタリウムを楽しむ利用者ら=16日、たんぽぽの家(田名)

 社会福祉法人相模福祉村(赤間源太郎理事長)で16日、第29回「おらが村文化祭」が開かれた。

 例年、相模原市民会館を会場に、同法人が運営する市内各施設の利用者やスタッフ、ボランティア、地域団体らが一堂に会してステージで発表したり、製作物を販売したりする催しで、一般観覧も受け付けているが、昨年は新型コロナウイルスの影響で中止になった。

 今年も会場開催は断念したものの、「コロナ禍だからこそ、これまでとは違った手法で」と方法を模索。この日までに法人内11施設で、日常の活動や生活風景をまとめたDVDを製作するとともに、インスタグラムを活用して施設利用者の手づくり品や笑顔の写真を掲載し、法人や福祉の魅力を発信する形式で開催する運びとなった。

 DVD部門では、各施設の生活の様子などを動画や写真で撮影し、5分から15分程度の作品に編集。利用者の同意や承諾のもと、保護者や近隣の人へ配布し、活動発表や地域交流の機会創出を図った。インスタグラム部門では、写真と文章で多くの情報を表現できる特徴を活用。「福祉村アーティスト」のテーマでは施設利用者の陶芸や絵などの製作物やアート活動の様子を、「福祉に恋したワタシたち」では職員と利用者が関わることで生まれる笑顔を写真に撮って投稿し、15日までに寄せられた「いいね」を集計して表彰する企画が実施された。

施設ごとの催しも

 16日は、同法人の各施設で独自の催しも実施された。中央区田名にある「障がい者支援施設 たんぽぽの家」では、できあがった他施設のDVDの上映や、プラネタリウム、製作物の販売など、学園祭のような雰囲気で利用者と職員が特別な一日を楽しんだ。同法人の赤間理事長は今回の企画について、「社会福祉法人は地域と共にある、というのが大きな趣旨。コロナ禍でも、引き続き地域とのつながりを維持していくとともに、SNSなども活用して、相模福祉村の活動を地域に発信できれば」と話した。

シニアの方必見!

10月2日・3日開催 地方公共団体等退職予定者向け採用説明会・相談会

https://www.kmes-kanagawa.or.jp/

<PR>

さがみはら中央区版のローカルニュース最新6

受け入れ万全で評価

五輪総括(上)

受け入れ万全で評価 スポーツ

事前キャンプ・聖火リレー

9月23日号

期間は9月30日まで

キャッシュバック

期間は9月30日まで 経済

 市「早めの利用を」

9月23日号

横山に新ワークスペース

横山に新ワークスペース 経済

柔軟な働き方に対応

9月23日号

直筆サイン プレゼント

石川雄洋選手

直筆サイン プレゼント 文化

9月23日号

「好奇心が原動力」

星が丘在住 加藤さん

「好奇心が原動力」 文化

電子画集を67冊刊行

9月23日号

相模原市、100歳以上は305人

【Web限定記事】

相模原市、100歳以上は305人 社会

最高齢は南区在住の110歳女性

9月23日号

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

さがみはら中央区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook