町田版 掲載号:2022年5月5日号 エリアトップへ

町田天満宮 宮司 池田泉 宮司の徒然 其の103

掲載号:2022年5月5日号

  • LINE
  • hatena
【1】山吹の花【2】山吹の茎【3】分解した山吹の茎。緑が太い茎、白が芯の部分【4】細い茎を差し込み芯を押し出す
【1】山吹の花【2】山吹の茎【3】分解した山吹の茎。緑が太い茎、白が芯の部分【4】細い茎を差し込み芯を押し出す

山吹

 春の陽気に早くも山吹の蕾の先っぽが黄色くなってきた。山吹が咲く頃が渓流の毛鉤(けばり)釣りの開始時期とされるのは、その頃になるとカゲロウなどの虫が飛び始めるからだ。とは言え、低地の町田辺りで山吹が咲き始めるのは早いが、標高の高い渓流の春は遅いから、せいぜい5月くらい。数年前、五月のゴールデンウィーク明けに町田市の宿泊施設がある長野県川上村千曲川支流の梓川に出かけた時のこと。夜明け前に到着して車内で仮眠を摂っていた。薄明るくなってきた頃に思わず寒さで起きた。車の周りが白い。明け方に雪が降ったようだ。5月なのに。とにかく遥々3時間もかけて来たのだからと、毛ばりを振り込んでみたものの、そんな寒さでは虫は飛んでいないからイワナに怪しまれるのは間違いない。まったく反応がないので止む無くエサ釣り用の竿にチェンジ。川虫を捕って投げ込んだ。その時初めて自作の目印を使った。渓流のエサ釣りにウキはない。代わりに、糸がどの辺にあるか、エサをどれくらい沈めているかが分かるように糸に目印を付ける。最近はプラスチック製の便利なものが売っているが、なかった時代には山吹の芯を利用した。山吹の太い茎と細い茎を切り取り、細い茎を太茎に水鉄砲のように差し込む。すると太い茎の芯が押し出される。きめ細かい発泡スチロールの紐に似ている。これをよく乾かせばこのままでも使えるが、蛍光塗料を塗ればなお見やすい。縫い針で芯に穴を空ければ完成。

 渓谷に山吹が咲く頃、山吹の芯を目で追い、その日の魚を清流からいただく。なんて良い言葉の響きだろうと己に酔いしれたとしても、釣れない時は釣れない。午後は冷たい雨となり納竿。沢歩きを楽しんだだけでも良しとしようと、残念な気持ちを納得させる。釣り人はこの繰り返しかもしれない。

 経済先進国でありながら緑多い日本は貴重な国だ。これ以上の環境破壊は避けたい。そんなことを願いつつも、趣味優先で山野に排気ガスを撒き散らしてきたことは後ろめたい。今はハイブリット車に乗っているが、早く庶民のために安価な電気自動車や水素ガス車を売り出してくれないだろうか。少しは後ろめたさも軽減される。

町田版のコラム最新6

宮司の徒然 其の106

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の106

5月26日号

宮司の徒然 其の105

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の105

5月19日号

町田市の鳥、ご存じですか?

土佐光起・光成 鶉・翡翠図(部分)

町田市の鳥、ご存じですか?

泰巖歴史美術館【電話】042-726-1177

5月12日号

宮司の徒然 其の104

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の104

5月12日号

宮司の徒然 其の103

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の103

5月5日号

宮司の徒然 其の102

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の102

4月21日号

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    3月24日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook