八王子版 掲載号:2021年9月9日号 エリアトップへ

八王子市 内水氾濫マップ新しく 独自調査加え 対象地域に

社会

掲載号:2021年9月9日号

  • LINE
  • hatena
配布されるハザードマップの一部
配布されるハザードマップの一部

 八王子市は、集中豪雨により下水道管の排水能力を超え浸水する内水氾濫の予想区域調査を浅川右岸、左岸などで実施。JR八王子駅北側など、内水氾濫の予想が新たに示されたハザードマップを9月15日(水)から配布していく。

「川沿いだけでなく」

 今回、八王子市が内水による浸水予想調査を行ったのは、浅川の右岸・左岸と多摩川右岸地域。昨年市が発行した「総合防災ガイドブック第2版」のハザードマップで、内水氾濫の予想区域が記されていない地域となる。

 市のハザードマップは東京都が管轄する河川の「浸水予想区域図」と国が管理する多摩川、浅川の「浸水想定区域図」を元に作成される。

 都の予想区域図は河川から水が溢れる外水氾濫と排水処理能力を超えた雨水による内水氾濫を示す一方、国の想定区域図は外水氾濫のみとなる。今回の改訂で、市内全域の内水氾濫に備えたハザードマップが完了したことになる。

 市の調査は、都と同じ「想定し得る最大規模の降雨」(総雨量690ミリ、時間最大雨量153ミリ)を想定。JR八王子駅から西八王子駅にかけての北側エリアや高倉町、大和田町、小宮町などの内水氾濫の予想区域が新たに示されている。

 市担当者は「新たに(浸水を示す)色がついた地点、水深ランクが変わった地点など、必ず確認をしてもらいたい。河川に近い場所ではなくても、浸水は起こりえる」と呼びかける。

 改定されたハサードマップは、9月10日(金)から市のホームページで公開。15日には市の広報とともに対象世帯約80000戸に配布される。

 市担当者は「色がついていなくても自宅や地域にどんな危険があるのかを確認し、有事の避難行動について考えてもらいたい」と話す。

八王子版のトップニュース最新6

バスケ選手が「勤務」

バスケ選手が「勤務」 スポーツ

引退後備え 地元で経験

9月23日号

ふるさと納税が好調

八王子市

ふるさと納税が好調 経済

返礼品見直しで7倍に

9月23日号

インターハイ競泳 初優勝

八王子高岡村さん

インターハイ競泳 初優勝 スポーツ

今夏、急成長し自由形で

9月16日号

美談で終わらせないで

「らしい時間」奪われる

美談で終わらせないで 社会

「幼き介護者」 経験者が訴え

9月16日号

私学8校で合同発表会

私学8校で合同発表会 教育

10月 中1生がプレゼン

9月9日号

内水氾濫マップ新しく

八王子市

内水氾濫マップ新しく 社会

独自調査加え 対象地域に

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook