八王子版 掲載号:2021年11月11日号 エリアトップへ

キッチンカー 銭湯へ出店 地域活性 話題作りにも

社会

掲載号:2021年11月11日号

  • LINE
  • hatena
ユーロードの古本まつりでの出店の様子
ユーロードの古本まつりでの出店の様子

 コロナ禍で飲食店が苦境に立たされる一方、三密を避けられることもあり需要の伸びているキッチンカー。その団体の1つが11月から市内の銭湯とのコラボレーションを展開している。意外な組み合わせのようにも見えるが、「地域コミュニティの場の提供」という点では共通点もある。

 団体は「8O2食フェスBOX」実行委員会。イベントとキッチンカーを「つなぐ」活動をしており、今年の7月に富士森公園で行われたボクシングの興行の際に6店舗を出店したのを皮切りに、10月末から11月初頭までユーロードで行われていたイベントでも7店舗を出店。現在、10店舗ほどが登録している。実行委員長は、市内でテイクアウト中心の料理店を営む(株)アシストワン(新町)の栗原鉄平社長。

 実行委員会では、今月から稲荷湯(子安町)で出店しており、今後、地元のキッチンカーが日替わりで登場する予定。ほかにも多摩地区の銭湯に広げていきたい考えだ。この取り組みに対して栗原さんは、自身が幼少期、祖父に連れられ銭湯に行っていた経験がベースにあると話す。今年9月、市内に3つあった銭湯の一つが休業すると聞き、「これ以上減ってほしくない」と思い、銭湯の集客につながればと出店を計画した。

 また、キッチンカーにとって集客が低下する夕方以降に銭湯の客を見込める利点がある。

 全国浴場組合のホームページでも「地域のふれあいの場として重要な役割を担い、我が国独特の生活文化を築いてきました」とあるように、銭湯はコミュニティの場として機能していた面がある。一方で、キッチンカーも「固定店に比べるとスタッフと客とのコミュニケーションが多い。お客さんから差し入れをもらうことも」(あるキッチンカーの店主)あることから、両者によるコラボで地域活性化への期待がかかる。

「知ってもらえれば」

 稲荷湯の社長・加藤泰造さんは「今の銭湯は、ただお風呂を提供するだけでは成り立たない。常にお客さんを飽きさせない工夫が必要」と今回の出店を歓迎する。SNSによる出店場所の告知で稲荷湯の名を知ってもらえる点や、店頭に人が集まることで話題になる効果が期待できるという。「例えばクレープ屋さんのキッチンカーが来れば、家族連れが立ち寄る。たとえ入浴しなくても、『ここに銭湯があるんだ』と知ってもらえるだけでも将来のお客さんにつながる」と話した。

稲荷湯の加藤さん
稲荷湯の加藤さん

八王子版のトップニュース最新6

100歳 健康の秘訣は踊り

100歳 健康の秘訣は踊り 文化

台町の舞踊教室通い、40年

8月18日号

新たな医療支援拠点に

八王子市保健所

新たな医療支援拠点に 社会

今月1日、合同庁舎で始動

8月18日号

100年の歩み、脈々と

八南歯科医師会

100年の歩み、脈々と 社会

八王子など4市 373会員に

8月11日号

八王子市が都内初

日本子育て支援大賞

八王子市が都内初 社会

大学教員の講座など評価

8月11日号

小中生、SNS方針へ提言

小中生、SNS方針へ提言 社会

市教委 新サミットに74人

8月4日号

「浴衣で、まち巡って」

八王子七福神会

「浴衣で、まち巡って」 文化

8カ所 初の夏開催

8月4日号

あっとほーむデスク

  • 8月18日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

八王子版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook