神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
八王子版 公開:2024年6月6日 エリアトップへ

北野市民センターで「福祉のマジックショー」を開催するプロマジシャンの 渋谷 駿さん 八王子市在住 26歳

公開:2024年6月6日

  • X
  • LINE
  • hatena

垣根ないマジックの魅力

 ○…コロナ下の2年前、劇場や舞台でのショーが開催できなくなった際に考えたのは2019年から活動拠点にしている八王子のこと。「せっかく八王子にいるのだから、ここで何かできないか」。そんな時、福祉施設で働いた経験があるアシスタントから、障害のある人や家族が他の観客に遠慮して芸術鑑賞に出かけづらいことを知った。「内容や演出、客席の配置などを工夫すれば、誰もが安心して楽しめるマジックショーが開けるのでは」。6月15日(土)に開くショーが、その3回目になる。

 ○…新潟県出身。5歳の時、テレビで見たマジックを「やってみたい」と録画を何度も見返してまねたのが始まり。ダンス教室の発表会の幕間ながら7歳で初舞台を踏み、ほぼ独学でマジックの腕を磨いた。ダンスにも励み、テレビやファッションショーに出演。ダンスとマジックを融合させたパフォーマンスを生み出し、国内外のマジックコンテストで優勝をさらった。16歳の時、日本人最年少でハリウッドにあるマジックの殿堂「マジックキャッスル」に出演。単独ライブも開くようになり、プロの世界に飛び込んだ。

 ○…東京に拠点を移す際、マジックで使うハトを飼える環境を求め八王子へ。「居心地が良く、八王子から転出する人が少ない理由がわかる」とすっかり気に入っている様子。和菓子などの甘いものを求めて街歩きを楽しんだり、ホームセンターでマジックに使えるものを物色することも。

 ○…趣味の演劇鑑賞もマジックのヒントに。自身を魅了し続けるマジックの魅力を「人種や世代、言葉の壁を越えて楽しんでもらえるところ」と力説。「客席の反応がダイレクトに感じられるライブが一番好きです」と柔らかにほほ笑んだ。

八王子版の人物風土記最新6

飯田 勝さん

もとはち音頭を復活させた元八王子地域住民協議会の会長を務める

飯田 勝さん

横川町在住 86歳

7月25日

高橋 禎子さん

八王子女性防火協会の会長に就任した

高橋 禎子さん

四谷町在住

7月18日

高田 千鶴さん

小比企町にある磯沼牧場を舞台にしたフォトエッセイを出版した写真家の

高田 千鶴さん

下柚木在住 

7月11日

鈴井 宣行さん

5月にNPO法人八王子国際協会の理事長に就任した

鈴井 宣行さん

初沢町在住 74歳

7月4日

クルン スレンダラさん

5月に行われた「第九回全日本回転寿司MVP選手権」の外国人材部門で優勝した

クルン スレンダラさん

天神町在住 26歳

6月27日

南部 健造さん

インドネシアのプロサッカー1部リーグで日本人初の優勝選手となった

南部 健造さん

散田町出身 31歳

6月20日

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

  • 12月14日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月25日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook