大和版 掲載号:2011年11月25日号
  • googleplus
  • LINE

「さがみの国大和フィルムコミッション」の副会長として活動する 杉下 由輝(ゆうき)さん 40歳

”ワクワク”を求めて

 ○…映画やドラマなどを誘致し、撮影時には必要なロケ地やエキストラの手配をする「フィルムコミッション」(FC)。現在も居住する藤沢市で9年前にFCを立ち上げた経験を請われ、9月に誕生した「さがみの国大和フィルムコミッション」の副会長に就任。大木市長が会長のため、実務的なトップとして東奔西走している。「好きな芸能人が訪れた場所に行きたくなるのがファンの心情。多くの作品を誘致することで大和に新たな名所を作りたい」と意気込む。

 ○…町田市出身。根っからの映画好きで、大学時代は授業をさぼり毎日のように映画館へ通った。多い時で1日に4本、年間百本以上は映画を見たという。また、夏休みはアルバイトに精を出し、そのお金で毎年ハリウッドへ。「おもちゃ箱をひっくり返したような楽しさ」と評するとおり、世界随一の『映画の街』が持つ力に魅了された。「いつかは日本で、映像を通じた町おこしに携わりたい」。そんな思いが芽生えたのは、必然だったのだろう。

 ○…街を良くしたい、その一念だけで27歳の時に藤沢市議選に立候補。当選を果たす。しかし、さらに自由に活動できる場を求め、一期で退いた。現在は桜ヶ丘ボウルなどを運営する会社に勤務し、地域とのつながり作りに奔走する日々だ。また、プロレスラーの後援会で事務局長を務めるなど多方面で活動中。「何事も本気で取り組んで汗をかかないと、感動できないですから」。実直そうな外見から想像がつかないほど、内面は熱い。

 ○…最終的な夢は、大和をハリウッドのような映画の街にすること。具体的には、大和を訪れたスターの手形やサインが入ったタイルをプロムナードに敷きたいという。「この街はロケ地に適した場所がいっぱいあるいわば『ダイヤの原石』。PRを通してその輝きを増す手伝いが出来ると思うとワクワクします」。瞳を輝かせて無邪気に微笑んだ。
 

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

大和版の人物風土記最新6件

牛山 保さん

神奈川県央小売酒販組合 大和支部の支部長に就任した

牛山 保さん

3月16日号

阿座上 広希さん

大和リハビリテーション連絡会の会長を務める

阿座上 広希さん

3月9日号

宗柳 美友紀さん(本名:野口 美友紀)

日本舞踊「宗柳流みゆき会」の20周年記念大会を2月25日にシリウスで行う

宗柳 美友紀さん(本名:野口 美友紀)

2月23日号

加藤 太一さん

認知症になっても安心して暮らせる街づくりをPRする「RUN伴+やまと」の実行委員長を務める

加藤 太一さん

2月16日号

大内 一範さん

発足式を終え、活動をスタートさせた大和市消防ドローン隊の初代隊長を務める

大内 一範さん

2月9日号

佐藤 和彦さん

新日本フィルハーモニー交響楽団の首席チューバ奏者を務める

佐藤 和彦さん

2月2日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

郷土民家園でツィター

郷土民家園でツィター

3月21日 河野直人さん出演

3月21日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク