大和版 掲載号:2016年7月22日号 エリアトップへ

選手兼監督として、アルティメット世界大会で日本代表チームを準優勝に導いた 吉川(きちかわ) 洋平さん 大和東在住 39歳

掲載号:2016年7月22日号

  • LINE
  • hatena

自身も競技も「ブレイク」へ

 ○…フライングディスク競技の1種目、チームでディスクをパスでつなぎ、得点を競うアルティメット。ロンドンで6月下旬に開催された世界大会で、選手兼監督として日本代表を率い、18年ぶりの準優勝に導いた。「監督としてはメダルを獲得できてよかったです」と安ども「選手としては、決勝でアメリカに負けたのは非常に悔しいですね」と、複雑な表情を見せる。

 ○…競技との出会いは、日本体育大学入学後。サークルの体験でディスクを投げたところ、思った以上にうまく投げられた。先輩の「日本代表になれるよ」という誘い文句で入部。4年生生で初めて日本代表に選ばれると、選手として6回、うち監督兼任として2回、世界大会のフィールドに立ってきた。

 ○…伊勢原市生まれ。幼い頃はぜんそくだったが、ガキ大将になるほどまで回復。中学からはバレーボールを始め、進学した日大藤沢高校でも続けた。3年生になり進路を考えたとき、運動神経がよかったことなどから日体大へ。卒業後はアルティメット実業団チーム「バズ・バレッツ」を持つ文化シャッターに入社。2006年、チームがクラブチーム世界大会で初の世界一となったことを受け、「アルティメットにひと区切りつけよう」と退社。以前の夢だった教師の道へと歩みだした。「チーム練習日の週末は部活の指導などもあり、競技を続けるのは難しいと思っていました」。就いたのは養護学校の教諭。週末に部活がないことから、今もバズ・バレッツで競技を続けている。

 ○…妻と小学5年、1年の息子と4人暮らし。年数回、近所や世話になった人たちを招いて、家でバーベキューを楽しむ。日本代表スローガンは「ブレイク」。「選手が自身の殻を『破る』ことはもちろん、海外に比べて足りない日本のアルティメット競技環境を、世界一になって『ブレイク』したい」。自身だけでなく、競技全体にも思いをはせる。

24時間安心のお葬式

地域で30年以上。お葬式、お仏壇、樹木葬も。24時間安心ホットライン

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版の人物風土記最新6

小笠原 陽子さん

明日17日(土)公演のやまと子どもミュージカルで、長年、父母会の中心メンバーとして活動する

小笠原 陽子さん

横浜市在住 50歳

4月16日号

佐藤 愛美(あみ)さん

元劇団四季団員で、4月からバレエスタジオを主宰する

佐藤 愛美(あみ)さん

中央林間勤務 36歳

4月9日号

井上 直己さん

地球環境の問題を地域で幅広い世代に伝える

井上 直己さん

つきみ野在住 43歳

4月2日号

濱本 まりんさん

今シーズンから大和シルフィードのキャプテンを務める

濱本 まりんさん

福田の里勤務 26歳

3月26日号

小宮山 光賢さん

記者で、映画『戦車闘争』の制作に協力した

小宮山 光賢さん

市内中央在住 77歳

3月5日号

大木 英広さん

交通栄誉章「緑十字銀賞」の優良運転者として表彰を受けた

大木 英広さん

市内在住 57歳

2月19日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter