座間版 掲載号:2012年9月21日号
  • googleplus
  • LINE

絵画の創作に励んでいる 樺島貞(てい)さん 座間在住 68歳

「美」を求めまっしぐら

 ○…退職後、本格的に絵の製作に打ち込み8年。20年前から創作し始め、美術団体「旺玄会」に所属し、展覧会への出展や市内の絵画審査委員などを務めている。創作の喜びを心から感じながら、キャンバスに向かう。家の中には、100号の作品が所狭しと並ぶ。孫娘のバレリーナの姿を描いたり、花や風景などを油彩で表現する。「絵のことを考えて寝られないこともある」と、納得できるのもを追い求める。

 ○…学生のときに美術部に所属し、絵を描くことは昔から好きだった。結婚後も、子どもと夫と相模川へ行きスケッチするなど続けていた。そんな中、口に筆をくわえ描く星野富弘さんの本と出会い、再び絵への情熱がよみがえった。「退職したら画家になる」と宣言したそう。40歳で始めた保険会社の仕事は自身を大きく成長させた。子育てをしながら都内へ通勤し、自転車で営業回りをする日々。得意先の会社で講演を依頼されるなど「お客様のことを第一に、大切にする」営業は社内外で評判となり、30人の部下をまとめていたことも。「ハートをつかむ営業」は、今も当時のお客さんとつながっているほど。

 ○…福岡県の出身。現在は夫と暮らす。「美意識を高める」ものとして陶芸や洋裁、ガーデニングを楽しむ。2階に届くほどの緑のカーテンでゴーヤを収穫したり、庭には多くの花や植物が並ぶ。また、60歳を過ぎてからは体力作りのために水泳を始めるなど、アクティブ。「クロールや平泳ぎ、バタフライができるようになった」と笑う。

 ○…「思ったことは行動する」をモットーに、表参道で絵のモデルになってほしいと、通行人に声をかけたことも。その絵を見た、モデルの母親から「『息子に久しぶりに会えた』と喜んでもらえた」という。「大きな心で見守ってくれる」夫の支えに感謝し、自分を高めるために一日一日を大切に過ごす。12月の展示会に向けて製作に励む日々だ。
 

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

座間版の人物風土記最新6件

齋藤 通泰(みちやす)さん

座間市消防団の団長に就任した

齋藤 通泰(みちやす)さん

6月1日号

関 伴治さん

座間市老人クラブ連合会「ソレイユざま」の会長に就任した

関 伴治さん

5月18日号

青木 賢太さん

「わんぱく相撲座間場所」を主催する座間JCの青少年健全育成委員長を務める

青木 賢太さん

5月4日号

谷口 晃生さん

25周年を迎える「イオンシネマ海老名」で総支配人を務める

谷口 晃生さん

4月27日号

加藤 拓也さん

イオンモール座間のゼネラルマネージャーを務める

加藤 拓也さん

4月20日号

鈴木 恵子さん

4月1日付けで座間市商工会の事務局長に就任した

鈴木 恵子さん

4月13日号

座間版の関連リンク

あっとほーむデスク

座間版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

男女共同参画社会へ

男女共同参画社会へ

北村年子氏が講演

6月23日~6月23日

座間版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク