厚木版 掲載号:2018年2月9日号
  • LINE
  • はてぶ

公民館や夢未市などでみそ作りの講師を務める 臼井 スミ子さん 飯山在住 78歳

「食を伝える」ことが使命

 ○…本当のみその味を伝えたい――その一心で、15年以上講師を続けている。「みそは母の味」と言うように、母親から食生活の大切さを学んだ。みそ作りの基本は、原料をしっかりと栽培すること。亡き夫と創業した養豚場・臼井農産では、津久井在来大豆を栽培、麹も自社のものを使用し、みそを仕込む。これまで教えたのは1000人以上。「おいしかったと言ってくれる人が多い」と顔をほころばせる。みそ作りのきっかけとなったのは、夫の病気。腎臓を悪くし、食生活に苦労したという。「それでも豚肉とみそを食べて頑張った」と、30年続いた闘病生活を振り返る。

 ○…南足柄市の農家に生まれた。22歳で結婚し厚木へ。3人の子どもに恵まれたが、夫が病に伏せたこともあり、自身で養豚場を切り盛りした。「おいしい豚を作るために努力した」結果、消費者に目を向けるように。2006年には食肉販売の許可を得て、直売所のうすいファームを開いた。

 ○…60歳で長男に養豚場を引き継いでからは、「やりたいことをやろう」と農業に目覚めた。絶対に手を抜いてはいけないという父親の教えもあり、当時、地場産の大豆がなかったが、自社で津久井在来大豆の栽培に成功。今では市内で年間4〜5tの大豆を収穫している。4年ほど前からは、荒廃地を利用した体験農園を主催。「農業の楽しみを味わってほしい」との思いから始めた。「若い家族の参加者が多いのよ」とにっこり。

 ○…現在は孫娘の一家と同居。なんとひ孫は総勢6人。今年、さらに2人増える予定と言い「子どもはたくさんいた方がいい」と目じりを下げる。今では「子育てが趣味」と言うように、子ども、孫と2代に渡る子育て経験を活かす。取材中も、ぴったりとくっつく1歳半のひ孫に、「なーに照れちゃって」と嬉しそうな表情。「次の世代が元気に育ってくれるのが一番の幸せ」と、やさしい眼差しで語った。

厚木版の人物風土記最新6件

三浦 竜さん

ユリの魅力を伝える「2019リリーアンバサダー」に認定された

三浦 竜さん

11月16日号

小松 克生(かつお)さん

武部鉄工所労働組合の執行委員長を務める

小松 克生(かつお)さん

11月9日号

大塚 祐二さん

NPO法人障碍者支援センター鮎の風の理事長として障害者の雇用拡大に尽力する

大塚 祐二さん

11月2日号

田中 祥人(よしと)さん

にぎわいアドベンチャー隊長として『あつぎハロウィーン2018』の企画運営に携わる

田中 祥人(よしと)さん

10月26日号

中村 賢史(けんし)さん

第49回全国白バイ安全運転競技大会個人の部で総合優勝した

中村 賢史(けんし)さん

10月19日号

有坂 克幸さん

厚木市立小中学校PTA連絡協議会の会長として子どもの安全・安心に尽力する

有坂 克幸さん

10月12日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク