横須賀版 掲載号:2020年2月7日号 エリアトップへ

還暦ギフトに「赤スカジャン」 干支刺繍、ドブ板の服飾店開発

文化

掲載号:2020年2月7日号

  • LINE
  • hatena
「還ジャン」モデルを務めた高橋さん(左)と大野さん
「還ジャン」モデルを務めた高橋さん(左)と大野さん

 横須賀ファッションの代名詞「スカジャン」を還暦仕様にアレンジした「還(かん)ジャン」をドブ板通りの服飾店が開発した。還暦祝いのテーマカラーである「赤色」をベースとし、胸に贈る相手の干支柄の刺繍を入れたオリジナル。シニア世代にクールな着こなしを提案するとともに還暦ギフトとしての定着をめざす。

 ドブ板通りで服飾店「MIKASA vol・2」を営む有限会社エッチ・エッチ商会の一本(ひともと)和良さんが商品化。還暦祝い用に赤いスカジャンを買い求める来店客がいたことに着想を得た。

 1950年代、駐留米兵がオリエンタルな絵柄に自身の任期や赴任地を刺繍した「ライフタイムジャケット」を起源とするスカジャン。横須賀発祥のファッション文化を現代流の解釈を加えて進化させたのが「還ジャン」だ。人生の大事な節目となる還暦に感謝や敬意を込め、世界で一着のスカジャンを贈る新しい流れを定着させたいという。

 「還ジャン」は、ベースカラーの赤にシルバーのコンビネーション。胸元に虎と干支、背面には龍と贈る相手の名前の刺繍が入る。”スカジャン絵師”を名乗るデザイナーの横地広海知(ひろみち)さんが刺繍柄を描いた。

 先月30日には商品発表会があり、初代「還ジャン」モデルとして昨年、還暦を迎えた市議会議員の大野忠之さんと横須賀市薬剤師会会長の高橋達也さんが着こなしを披露した。

 ドブ板通り商店街では、2018年2月に「スカジャン発祥の地宣言」を行っている。世界的なファッションブランドがスカジャンに注目するなど再評価の機運が高まる一方、刺繍職人の高齢化や減少といった課題を抱えている。文化的背景を含めた技術の継承が必要となっており、危機感が新商品開発のモチベーションになっている。先ごろ一本さんら有志は、「ドブ板スカジャン研究会」を発足。イベントなど積極的な情報発信を行っていくという。

 「還ジャン」の干支柄は現在亥と子の2種類。1着5万5千円(税込)で受注生産。店頭ほか、オンラインショップで注文可能。詳細は同店【電話】046・823・0312

03-3222-7982

10月27日(火)よこすか芸術劇場/昼の部13時30分開演・夜の部18時開演

http://www.bellworldmusic.com/

<PR>

横須賀版のトップニュース最新6

知って行動「海洋プラゴミ」

横須賀市

知って行動「海洋プラゴミ」 社会

汚染問題解消に向け宣言

9月25日号

オンラインで工場見学

日産自動車追浜工場

オンラインで工場見学 教育

市内小学校で初実施

9月25日号

駅前広場の機能強化

追浜地区

駅前広場の機能強化 経済

立体ターミナル構想も

9月18日号

「繋いで稼ぐ」公務員と別の顔

「繋いで稼ぐ」公務員と別の顔 社会

横須賀市職員が法人設立

9月18日号

BBQ施設で集客力アップ

観音崎公園

BBQ施設で集客力アップ 社会

県立初の民間事業者誘致

9月11日号

「シェアの心」絵本に込め

「シェアの心」絵本に込め 社会

ガス会社経営の水沢さん

9月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

  • 9月11日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク