逗子・葉山版 掲載号:2012年10月5日号
  • googleplus
  • LINE

アレルギー用物資の確保を 逗子市がNPOと協定

政治

協定書を交わす平井市長と吉澤代表理事
協定書を交わす平井市長と吉澤代表理事

災害時、患者を早期支援

 逗子市は先月20日、「災害時におけるアレルギー用物資等の供給に関する協定」をNPO法人「アトピッ子地球の子ネットワーク」(東京都新宿区・吉澤淳代表理事)と締結した。

 大規模な災害が起こった際に、アトピーやアレルギー性疾患を持つ患者を早期に支援しようというもので、同NPOとの協定は逗子市が初めて。同市のアレルギーを持つ患者の親の会「Yammy(ヤミー)」の呼びかけで実現した。

 協定書には、災害時に市がアレルギー用物資が必要と判断した場合、同NPOが要請に応えて物資を供給することなどを記載。具体的な物資として【1】食物アレルギー用の食物【2】ぜんそく対応物資【3】アトピー性皮膚炎対応物資【4】アレルギーと化学物資過敏症の併発対応物資【5】その他必要と判断した物資、があげられている。

 同NPOは東日本大震災でも粉塵を防ぐための「サージカルマスク」約50万個を被災地に供給した実績を持つ。物資確保については日ごろから交流のある食品メーカーや製薬会社などからの提供を受けるという。協定を受けて平井竜一市長は「逗子でもいつ災害が起こるとも限らない中、心強い。これまでアレルギー用物資の備蓄はなかったが、今後は市としても順次対策に取り組んでいく」と話した。

 同法人によると東日本大震災で一般食物が4日程度で供給されたのに対し、アレルギー用食物の供給はさらに数日を要したという。ヤミーの一人は「アレルギーを持った人は災害時に一般の食物を『食べられない』と言いづらいが、患者にとっては生死を分ける問題。今回の協定が問題解決に繋がれば」と期待を寄せた。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク