逗子・葉山版 掲載号:2013年6月7日号
  • googleplus
  • LINE

「たくさん採れたよ」

教育

 地元の子どもたちに海の生き物との触れ合いを通じて、自然の大切さを学んでもらおうと葉山町は先月25日、森戸海岸で潮干狩り=写真=と稚魚放流の体験会を行った。当日は町内の小学校に通う低学年の児童約160人が参加し、初夏の暖かな日差しが注ぐ中、浜辺遊びに興じた。

 イベントは葉山町漁業協同組合の協力で、浜辺には事前に350キロのアサリを放流。子どもたちは熊手とバケツを手に波打ち際を掘り、浜に埋められた”お宝”を探した。「いたよー」「こっちにも」。見つかると次々に声があがり、バケツいっぱいのアサリを抱えた子らは満足そうだった。この日はマコガレイの稚魚千匹の放流やタッチプール、海岸清掃も行われた。
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

暑中お見舞い申し上げます

一般社団法人逗子葉山青年会議所

Mission ~すべてはまちのため、未来のために~

http://zushi-hayamajc.jp/

<PR>

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク