逗子・葉山版 掲載号:2022年1月21日号 エリアトップへ

「アマモの苗大きくなあれ」 一色小で環境授業

教育

掲載号:2022年1月21日号

  • LINE
  • hatena
作業する子どもたち(写真の一部を加工しています)
作業する子どもたち(写真の一部を加工しています)

 葉山町立一色小学校(高梨小百合校長)で、海藻の一種である「アマモ」を通じた環境授業が昨年12月、行われた。

 沿岸域において魚介類が育つ場所として重要ながら、近年海水温の上昇や食害により全国的に衰退しているアマモ。葉山も例外ではなく、町の漁業者やダイバー、研究者らが連携して「アマモ再生活動」にあたっている。一色小学校も授業を通じて参加しており、今回で16年目となる。

 鹿島建設(株)葉山水域環境実験場の山木克則さんの指導のもと、児童たちは用意されたポットに土と種を丁寧に入れていた。また、アマモ場による二酸化炭素吸収効果はブルーカーボンとして蓄積されることから、地球温暖化対策としても注目されていることなどを紹介。その後、プール脇に設置された育苗用のタンクに入れ、成長を願った。来年春には500以上の種苗ができる見込みで、それらを漁業者やダイバーが海に戻していく予定という。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

この日だけの船上市場

この日だけの船上市場 経済

6月5日 小坪漁港で

5月27日号

親子で名曲楽しむ

親子で名曲楽しむ 文化

こどもオペラ上演

5月27日号

建築のこれから考える

建築のこれから考える 社会

事務所協会が展示

5月27日号

海の森作る海藻ずらり

海の森作る海藻ずらり 文化

「博士」の高橋さん展示

5月27日号

うみのほとりに大作出現

うみのほとりに大作出現 文化

松澤さんの展示 6月5日まで

5月27日号

障がい者の働く機会応援

憲章Tシャツ

障がい者の働く機会応援 社会

売上の一部が工賃に

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook