藤沢版 掲載号:2021年10月29日号 エリアトップへ

完成までもう少し サムエル・コッキング苑の温室遺構

経済

掲載号:2021年10月29日号

  • LINE
  • hatena
工事が進む温室遺構。11月13日から一般開放を予定している
工事が進む温室遺構。11月13日から一般開放を予定している

 江の島サムエル・コッキング苑で新たな観光施設の整備が進んでいる。日中の観光需要喚起を目的に市などが取り組んでいるもので、一部施設は11月13日から一般開放を予定している。

 目玉の一つが、植栽温室をイメージした温室遺構。全面ガラス張りで高さ約5・5mの平屋建て、延べ床面積は約50平方メートル。室内に観葉植物などを配置し、強化ガラスの床ごしに遺構が覗き見ることができようになる。施設を紹介するパネルやモニターも設ける。

 同苑前身の庭園は、明治時代に英国人貿易商のサムエル・コッキングが私財を投じて造成。南国植物を育てるためのスチーム式温室は当時東洋一の規模と呼ばれた。

 現存するレンガ造りの温室遺構としては唯一現存するものといい、「通年型観光」の推進を掲げる市が、ポストコロナも視野に整備に着手。2カ年事業で、来年度には文化交流や体験ができる多目的施設も整備する。

藤沢版のローカルニュース最新6

東儀秀樹コンサート

海洋汚染 アートで学ぶ

海洋汚染 アートで学ぶ 教育

マイクロプラでブローチ作り

1月21日号

無料でクリーニング

学生服

無料でクリーニング 教育

おしゃれ倶楽部など有志

1月21日号

地元酒蔵の魅力一冊に

地元酒蔵の魅力一冊に 文化

神奈川新聞の連載書籍化

1月21日号

高齢者向け賃貸住宅を公開

高齢者向け賃貸住宅を公開 社会

22日・23日 試食付き見学会

1月21日号

湘南エリアの住み替えを応援

ウスイホーム

湘南エリアの住み替えを応援 経済

市内に3店舗目をオープン

1月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook