鎌倉版 掲載号:2014年6月6日号 エリアトップへ

減量審 将来の資源化方針示す 「新焼却施設では熱回収を」

政治

掲載号:2014年6月6日号

  • LINE
  • hatena

 市長の諮問機関「鎌倉市廃棄物減量化及び資源化推進審議会」は5月30日、今後のごみ減量や資源化について、市に答申した。答申では廃棄物の品目ごとにリサイクルの方向性を示すとともに、新しいごみ焼却施設が建設される際には、サーマルリサイクル(熱回収)の取り組みも必要だとした。市は答申の内容を新しい施設における処理方法や規模などの基本的な考えとして、今年度中に施設建設に関する「基本計画」を策定する予定だ。

 同審議会は、市長の依頼で廃棄物の減量化・資源化を推進するための調査や審議をするために設置された有識者らによる機関。

 鎌倉市では2015年3月末で今泉クリーンセンターが焼却を停止し、名越クリーンセンターも改良工事による延命化を図っているなど、新しい焼却施設の整備が急務となっている。そのため市は昨年8月、新しい施設における資源化のあり方や処理量を想定するため、同審議会に「鎌倉市の最適な資源化のあり方について」諮問し、これまで8回の話し合いが行われた。

 今回の答申では、廃棄物の各品目についてリサイクルの方向性が示された(=上表)。また2015年度以降、市内で稼働するごみ焼却施設が名越クリーンセンターのみとなり、焼却量を年間3万トン以下とすることが求められることなどから、焼却量の削減につながる「マテリアルリサイクル」を引き続き継続することが重要とする。その上で新しいごみ焼却施設は、焼却の際に発生する熱エネルギーを回収・利用する「サーマルリサイクル」の視点を踏まえた整備が望ましいとしている。

 今後は廃棄物処理事業や処理施設について話し合う別の諮問機関である「鎌倉市生活環境整備審議会」で、新しいごみ焼却施設建設に向けて用地の選定も含めた話し合いが行われる。

 同審議会では今後月1回程度の会合を行い、今年12月に市に答申する予定。これをもとに市は、今年度中に「鎌倉市ごみ焼却施設基本計画」を策定することを目指している。

鎌倉版のトップニュース最新6

アプリ介して「困り事解消」

大平山丸山町内会

アプリ介して「困り事解消」 社会

独自に開発し試験中

8月19日号

消防救助技術で全国へ

消防救助技術で全国へ 社会

同期で目指す日本一

8月19日号

絵だけで楽しむ鎌倉絵本

絵だけで楽しむ鎌倉絵本 教育

市民が企画・制作

8月12日号

「私が市長になったら」

「私が市長になったら」 教育

小学生が一日体験

8月12日号

あの公園の名は?

あの公園の名は? 社会

市内170カ所が生物名

8月5日号

「校舎はUD化しますか」

「校舎はUD化しますか」 教育

小中学生が市政質す

8月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook