鎌倉版 掲載号:2014年9月19日号 エリアトップへ

家庭系ごみ収集有料化 来年4月から実施へ 議会特別委で改正案可決

政治

掲載号:2014年9月19日号

  • LINE
  • hatena

 鎌倉市議会がこのほど開いた特別委員会で、家庭系ごみの収集を来年4月から有料化する条例改正案と補正予算案が可決された。「有料化」は来年3月末に今泉クリーンセンター(ごみ焼却場)の焼却停止を控え、ごみ排出抑制策として鎌倉市が導入を進めているもの。戸別収集の分離や条例案の取り下げなどを経て、ようやく実施が決定的となった。

 鎌倉市議会は9月16日、「廃棄物の有料化に関する補正予算等審査特別委員会」を開き、来年4月1日から家庭系ごみの有料化を実施するための条例改正案とそれに伴う補正予算案を審議した。

 委員からは「鎌倉市ではすでに資源化が相当進んでおり、導入してもこれ以上大幅な排出削減は図れない。費用対効果を考えると割高になる」など、有料化による排出抑制効果に対する疑問が出された。これに対し市は「排出抑制はまだ余地があると考えている。経済的負担をしてもらうことで、市民の意識をより高めたい」などと説明した。

 採決の結果、条例改正案と補正予算案は賛成多数で可決された。現在開会中の市議会9月定例会の最終日となる26日に本会議で採決され、可決される見通しで来年4月からの実施が決定的となった。

時期や方法再三の修正

 鎌倉市は今泉クリーンセンターが2015年3月末で焼却を停止するため、残る名越クリーンセンター1カ所で処理が可能な年間3万トン以下にごみの排出を抑える必要に迫られている。

 市は当初、排出抑制につながる有料化とともに分別の徹底を促す戸別収集を14年7月から同時に実施する考えを明らかにしていた。

 しかし昨年10月の市長選で争点となったことや市民向けに行った説明会で反対意見が相次いだことなどから、戸別収集の実施を断念。今年2月の市議会定例会に、「14年10月から有料化のみを実施」する条例改正案を提出したものの、対象品目が明記されていないなどの不備を議会から指摘されたため取り下げた。

 その後、6月定例会に対象項目を明記した上で、実施を15年1月からとする改正案を提出し可決された。しかし今度は有料化を実施するための補正予算案が、付託された総務常任委員会で審議されない状態が続いたため、1月実施が困難に。結局、実施時期を4月とする条例改正案とそれに伴う補正予算案が、今定例会で設けられた特別委員会で改めて審議された。

鎌倉版のトップニュース最新6

陽性者累計505人に

鎌倉市内新型コロナ

陽性者累計505人に 社会

1週間で78人増

1月22日号

食品の配布会、初開催

ふらっとカフェ

食品の配布会、初開催 社会

「パントリー」実現へ第一歩

1月22日号

1週間で陽性者89人増

鎌倉市内新型コロナ

1週間で陽性者89人増 社会

累計で427人に

1月15日号

「緊急事態」受け対応決定

「緊急事態」受け対応決定 社会

市施設は時間短縮など

1月15日号

「新庁舎規模縮小も検討」

新春市長インタビュー

「新庁舎規模縮小も検討」 政治

基本計画策定は来年度に

1月8日号

交通不便解消へ実証実験

交通不便解消へ実証実験 社会

二階堂・浄明寺で31日まで

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク