鎌倉版 掲載号:2016年9月9日号 エリアトップへ

資生堂工場跡地 マンション・福祉施設に 土地の一部は市へ寄付

社会

掲載号:2016年9月9日号

  • LINE
  • hatena
取り壊しが進む資生堂工場跡地と2つの土地の位置
取り壊しが進む資生堂工場跡地と2つの土地の位置

 鎌倉市はこのほど、市内岩瀬の資生堂鎌倉工場跡地を三菱地所レジデンスが取得したと発表した。同社は、400戸のマンションや福祉施設の建設を計画している。また土地の一部は寄付される予定で、覚書も締結された。市は今後、企業誘致等に活用していくという。

 これは8月29日に行われた松尾崇市長の定例記者会見で明らかにされたもの。

 資生堂鎌倉工場があった岩瀬1丁目1番1外(約2・6ヘクタール)の土地を三菱地所レジデンスが取得し、約400戸のマンションと福祉施設を建設する計画となっている。

 倉庫だった岩瀬字下土腐1137番1外(約1ヘクタール)は三本コーヒーが取得し、同社の工場として利用される。

 また市は、三菱地所レジデンスから「取得した土地の一部を寄付したい」との提案があったことを受け、覚書を締結した。

 寄付される土地は資生堂が事務所用地として使っていた約5200平方メートル。寄付は2019年12月に予定されており、「企業誘致等に活用し、大船地域のまちづくりに生かしていきたい」と市の担当者は話している。

 資生堂鎌倉工場は1959年に操業を開始。化粧水・乳液・美容液などのスキンケア製品や口紅を半世紀以上にわたって生産していた。しかし、施設の老朽化や生産拠点の集約のほか、操業開始当時と異なり周囲を住宅に囲まれ、物流の制約が大きくなったことなどを理由に15年3月、閉鎖されていた。

 この大規模開発事業計画についての説明会が9月16日(金)の午後7時からと、18日(日)の午前10時から、開催される。会場は両日とも鎌倉芸術館集会室。

 問い合わせは市まちづくり景観部土地利用調整課【電話】0467・23・3000(内線2826)へ。

鎌倉版のトップニュース最新6

本庁舎開庁「2028年度に」

本庁舎開庁「2028年度に」 政治

市が基本構想を策定

8月23日号

稲村ガ崎の歩道80cm沈下

稲村ガ崎の歩道80cm沈下 社会

交通規制長期化も

8月23日号

「鎌倉彫製作70年の集大成に」

「鎌倉彫製作70年の集大成に」 文化

小園博さん初の作品集が完成

8月16日号

「鎌倉を古典研究の拠点に」

「鎌倉を古典研究の拠点に」 文化

市が「仙覚文庫」設立へ

8月9日号

「灯かり」で彩る長谷の夜

「灯かり」で彩る長谷の夜 文化

19日からライトアップ

8月9日号

「迷わず山歩き楽しんで」

「迷わず山歩き楽しんで」 文化

市民団体が案内板設置

8月2日号

3件が国登録文化財へ

3件が国登録文化財へ 文化

文化審議会が国に答申

8月2日号

あっとほーむデスク

  • 8月23日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク