鎌倉版 掲載号:2017年5月5日号 エリアトップへ

あのスターもくぐった暖簾 名店センタービル 秋田屋

文化

掲載号:2017年5月5日号

  • LINE
  • hatena
ビルの2階にある黄色い看板が目印
ビルの2階にある黄色い看板が目印

 仲通り商店街から路地を一本入ると見えてくる名店センタービル。古くから飲食店がひしめくこの建物で、1973年から営業を続けているのが「酒の店 秋田屋」だ。店を切り盛りするのは小林登志子さん(77)。かつての大船の賑わいを知る数少ない1人でもある。

寅さんも虜に

 現在、鎌倉芸術館や鎌倉女子大学、ショッピングセンターが立ち並ぶ一帯に1936年、開設された松竹大船撮影所。小津安二郎監督、木下惠介監督、大島渚監督らが作品を撮り続け、特にそのスタイルから小津作品は「大船調」とも呼ばれた。山田洋次監督・渥美清コンビによる「男はつらいよシリーズ」が撮影されたことでも知られる。

 小林さんが店を開いた当時は撮影所のほか国鉄の寮などがあり、街は活気にあふれていたという。「大東橋辺りには屋台がいくつも並んで賑わっていた。道が舗装されておらず、高いビルもなかったけど、今より人が多かった」と話す。

 秋田屋の入るビルの3階にはかつて高級キャバレー「パルコ」があり、当時の映画スターら著名人が来店していたという。「山田洋次さんや寅さん、坂本九さんがよく来てくれてね。いつも午後6時くらいだったから、うちで一杯飲んで上に行っていたんでしょう」。店の名物であるきりたんぽや山菜料理のほか、「山田さんは特にかぼちゃの煮物が好きだった」と懐かしそうに振り返る。

 店には今も小林さんの人柄や料理を求めて常連客が絶えない。10年以上通い続けているという男性は「なによりほっとする場所」とその魅力を語る。

 かつての映画スターや名監督たちも、忙しい撮影の合間を縫って一息ついていたのだろう。小林さんは「体力が続く限り、店を続けるつもり」と笑顔で語った。

(右から)娘の隆子さんと登志子さん
(右から)娘の隆子さんと登志子さん

鎌倉版のローカルニュース最新6

鎌倉の玄関口きれいに

観光協会

鎌倉の玄関口きれいに 社会

企業などと清掃活動

11月20日号

正月描いた作品展示

正月描いた作品展示 文化

鏑木清方記念美術館

11月20日号

「認知症になっても創作は楽しめる」

「認知症になっても創作は楽しめる」 文化

デイサービス施設が作品展

11月20日号

産前産後の悩み相談会

産前産後の悩み相談会 教育

27日にオンライン開催

11月20日号

「紅葉ゆったり楽しんで」

「紅葉ゆったり楽しんで」 文化

覚園寺で開門時間延長

11月20日号

自然とのふれあい楽しむ

自然とのふれあい楽しむ 教育

キャンプの代替企画

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク