寒川版 掲載号:2022年3月18日号 エリアトップへ

今月いっぱいで活動を終える「小谷子ども見守り隊」の一人 右城 栄一さん 小谷在住 84歳

掲載号:2022年3月18日号

  • LINE
  • hatena

毎日を誰かのために

 ○…「いつもこれを着けるんです」と、見守り活動用のゼッケンを取り出した。元々は鮮やかな黄色だったが、16年間使い込まれて薄黄色になった。活動のきっかけは、栃木県で発生した誘拐殺人事件。小谷の住民や学校関係者との会議を通じ「地元っ子を守ろう」という動きが生まれた。通学路でも交通事故が発生しやすい、民家が少ない場所を調査。それから雨の日も、凍える日も街頭に立ち続けた。「保護者でもない我々がなぜ」という異論もあったが「おじさん、いつもありがとう」「こんにちは」という子どもたちの声が原動力になった。かつて見守った子どもたちは子育て世代になりつつある。

 ○…横浜市出身で、大学卒業後に車の販売店に就職。「一人っ子で育った自分がセールスマンをやれば、鍛えられるかもしれない」と選んだ道だった。戸別営業も重ね、顧客の都合に合わせ夜中の商談に行った事も。4年で530台を売った。商品力の前に雑談ができるかどうかも大切で、信頼関係がなければ売れない事も知った。その後、勤務先に近い寒川に移住。「昔の小谷は畑や空き地が広かった。あの頃は休みがなくて、家はカミさんに任せきりでね」と腕を組む。もうすぐダイヤモンド婚。

 ○…見守り活動はメンバーの高齢化もあり3月にピリオドを打つ。自身も足腰の痛みがこたえるようになった。「みんなの協力のおかげ。おつかれさまと言いたい」。ただ、ゆっくり腰を下ろすつもりはない。老人会の会長として、会員を通院先に車で運ぶボランティアを立ち上げた。会のサークルも枝葉を広げ会員も増えつつある。「会に入ってよかったと感じてもらえたら」。現役時代に心に刻んだ「顧客満足」は、今も自身の行動理念になっている。

寒川版の人物風土記最新6

岩本 和子さん

茅ケ崎警察署に自らの作品4点を寄贈した油彩画家

岩本 和子さん

茅ヶ崎市在住 87歳

6月24日号

千葉 祐一さん

宮山にある水道記念館(湘南遺産)の館長を務める

千葉 祐一さん

相模原市在住 67歳

6月10日号

岩瀬 玉泉さん(本名:岩瀬 和華子さん)

茅ヶ崎市民文化会館で第21回玉泉水墨画会展を開く

岩瀬 玉泉さん(本名:岩瀬 和華子さん)

寒川町在住 74歳

5月27日号

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

横浜市在住 60歳

5月13日号

菊地 愛美さん

子育てサポート施設「助産院mamana.house」代表

菊地 愛美さん

町内在住 35歳

4月29日号

大柳 誠二さん

茅ヶ崎市消防署長に就任した

大柳 誠二さん

田端在住 54歳

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

寒川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook