平塚版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

さらに求められる「連携」 三師会長インタビュー

社会

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 本紙は平塚市医師会・久保田亘会長、平塚歯科医師会・増井峰夫会長、平塚中郡薬剤師会・今井裕久会長にインタビューを行った。団塊世代が75歳を迎えるいわゆる「2025年問題」から在宅医療の現状や展望などを聞いた。

◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

 ―在宅医療の現状や、これまで、そしてこれからの展望は。

 久保田「平塚市医師会では平成25年から地域医療連携特別委員会を立ち上げ在宅医療の充実を強化しました。その一つが会員情報を掲載した冊子です。これは医療機関同士の連携で、在宅診療情報などを掲載し、それを市内行政機関、地域包括支援センター、社協等にも共有しています。

 平塚市の人口は25万7千人ほど、そのうち高齢者人口は7万2千人を超え高齢化率は約28%と増加傾向にあります。最近6年間の調査では、医師数や診療所は、ほぼ変化はありませんでした。また医師会員が診察する在宅患者は年間3500人。そのうち500人はターミナルケアで、約8割はかかりつけ医が看取り、病院で亡くなる患者の割合は年々減少傾向にあることが分かりました。これは平塚市医師会の在宅医療の取り組みが徐々に成果を上げているものと考えています」

 増井「平塚歯科医師会としては、平成元年から『在宅寝たきり老人訪問歯科診療事業』をしています。歯科は専用の機械・椅子が必要です。当時は自宅に持っていける機器がありませんでしたが、県の事業として導入ができました。会では会員に機器を貸し出し、事業を進めてきました。当会の『地域連携室』にご連絡を頂くと、近隣の歯科会員が伺うという仕組みです。ほとんど歯科医院と同水準の医療が提供できます。

 例えば薬のことは私たちよりも薬剤師の方が詳しいわけで、今後は平塚中郡薬剤師会など各会・関係機関と密に連携しながら『地域の皆さんを地域で支える』という姿勢を今後も取り続けたいと考えています」

 今井「平塚中郡薬剤師会としても、訪問薬剤管理指導の形で訪問機会は増加しています。薬剤師が訪問し薬の管理などに力を入れています。

 当会としては、地域包括支援センターに複数の薬局が拠点薬局として登録し、各包括の健康講座で講師を務めたり、包括の職員が抱えている患者さんについて相談に乗るなど、在宅との接点を増やしています。医師会と同様、地域の包括に担当者を配置し、包括との交流も重視します。認知症患者の照会などを受けるケースも聞いています。

 問題点としては『退院時共同指導』は主治医などは呼ばれるが、薬剤師はあまり呼ばれません。介護従事者の方たちからは『割と薬剤師はハードルが高い』などと言われます。ですので、医療と介護の連携の観点から、積極的に介護従事者の方たちとのコミュニケーションを図り、薬剤師会として在宅医療に貢献していきたいと考えます」

 ―2021年の各会の取り組みは。

 久保田「当会は、令和2年12月で会員数は321人、県下6番目に大きな医師会となりました。市内病院の勤務医会員と診療所の会員が協力し、連携を図り一体となり、地域医療を進めていこうと考えております」

 増井「昔は歯が痛いから歯科医にかかっていたが、今は口腔内のメンテナンスを日ごろから意識する方が増えました。当会では、糖尿病・認知症・早産などの誘因となる『オーラルフレイル(口腔機能の軽微な衰え)』の防止にむけて、生活の中に溶け込むような医療を実践していきます。気軽に身近の会員診療所を頼っていただきたいと思います」

 今井「当会はサプリメントに関する公開講座をここ2年ほど開き、葉酸の普及・啓発に努めてきました。葉酸は妊婦の胎児障害を防ぎ、認知症予防のエビデンスもあります。日本人は葉酸が足りていないとするデータもあるので、関係機関とも連携をしながら引き続き啓発に力を入れていきます。あわせて、本年に葉酸を平塚市へ寄付することも考えています」 

三師会から

 三師会長「三師会の会員は平塚出身者が多く、みな協力的で地元を盛り上げようとする機運が高まっています。

 現在、三師会共同で『平塚三師会認知症プロジェクト』事業を推進。今後増加する高齢者の認知症をより多くの『かかりつけ医』『かかりつけ歯科』『かかりつけ薬局』に理解を頂き互いに連携・協力し合い『高齢者にやさしい平塚のまち』の地域医療に貢献します。また「平塚市休日・夜間急患診療所」では感染症予防対策を徹底しておりますので、安心してご利用ください」
 

久保田亘・平塚市医師会長
久保田亘・平塚市医師会長
今井裕久・平塚中郡薬剤師会長
今井裕久・平塚中郡薬剤師会長
増井峰夫・平塚歯科医師会長
増井峰夫・平塚歯科医師会長

平塚版のローカルニュース最新6

「生と死は人生のセット」

「生と死は人生のセット」 社会

がん闘病 鈴木さん終活語る

1月14日号

受賞句が決定

受賞句が決定 文化

七福神俳句コンテスト

1月14日号

修学旅行を中止

修学旅行を中止 教育

平塚市立の15中学校

1月14日号

除菌装置を寄贈

平塚南RC

除菌装置を寄贈 社会

市役所や駅前窓口に設置

1月14日号

福祉ボラ啓発講座

福祉ボラ啓発講座 社会

18日から受付開始

1月14日号

救急件数にコロナ影響か

平塚市消防

救急件数にコロナ影響か 社会

前年比約1割以上減も

1月14日号

YUKIフラメンコスタジオ

平塚駅徒歩5分レンタルスタジオ

https://www.yuki-flamenco.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

平塚版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク