大磯・二宮・中井版 掲載号:2018年3月30日号 エリアトップへ

二宮・中井町 病後児保育を開始 近隣自治体と連携利用

社会

掲載号:2018年3月30日号

  • LINE
  • hatena
ひろはたこども園の病後児保育室おひさまルーム
ひろはたこども園の病後児保育室おひさまルーム

 二宮町と中井町は、病気の回復期にある子どもを一時的に預かる病後児保育を4月から始める。二宮町は大磯町にある認定こども園あおばと、中井町は秦野市立ひろはたこども園の専用保育室を利用して受け入れる。

 病後児保育は、病気やけがが治りかけて集団生活に戻るには配慮しなければならない子どもを預かる保育サービス。通常保育とは別の専用ルームと看護師、専任保育士を揃える必要があることなどから、二宮・中井両町はそれぞれの近隣自治体と連携し、子育て支援策の充実を図る。中井町は行政の広域連携によって、施設整備や人員配置のハードルがより高い病児保育の導入も目指しているという。

 大磯町では2016年6月から病後児保育を実施。社会福祉法人エリザベス・サンダース・ホームが運営する認定こども園あおばとへ事業を委託している。園内に設けた病後児保育室「もりのうさぎ」にはベッドや給湯室、児童用トイレが備えてあり、本調子でない子どもが安静にして過ごすことができる。

 二宮町の病後児保育の対象は、保護者が同町に在住・在勤・在学している生後6カ月から就学前までの子ども。中井町は、同町在住で生後4カ月から小学3年生までの児童を、ひろはたこども園の病後児保育室「おひさまルーム」で預かる。

利用料1日2千円

 いずれの施設も開所時間は年末年始を除く平日の午前7時30分から午後6時30分まで。定員は先着順で1日3人。1回に最長7日間まで利用することができ、料金は1日2000円(給食・おやつ代は別途)。利用する際は、【1】空き状況を確認のうえ仮予約【2】医療機関を受診し、医師連絡票を受け取る【3】本予約を入れる。もりのうさぎの利用には事前登録が必要となる。

 事前登録や利用に関する問い合わせは、認定こども園あおばと【電話】0463・74・5918、病後児保育室おひさまルーム【電話】0463・79・3115。

大磯・二宮・中井版のトップニュース最新6

新成人 先輩がおもてなし

新成人 先輩がおもてなし 社会

大磯迎賓舘の二次会

1月17日号

新島襄 没後130周年

新島襄 没後130周年 社会

大磯で碑前祭や講演会

1月17日号

3町612人が門出

3町612人が門出 社会

新成人も祝賀会企画

1月10日号

火の粉舞う 伝統祭事

火の粉舞う 伝統祭事 文化

北浜海岸で「大磯の左義長」

1月10日号

令和の新時代 各町のビジョンは

新春町長インタビュー

令和の新時代 各町のビジョンは 政治

1月1日号

連覇へキックオフ

星槎湘南

連覇へキックオフ スポーツ

全日本高校女子サッカー大会

1月1日号

新年へ着々と準備

新年へ着々と準備 社会

おせち教室や破魔矢作り

12月20日号

あっとほーむデスク

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

大磯・二宮・中井版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

日常使える防災術伝授

あんどうりすさん講演

日常使える防災術伝授

1月25日~1月25日

大磯・二宮・中井版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第36回「吉田茂【3】」文・武井久江

    1月10日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第35回「吉田茂【2】」文・武井久江

    12月13日号

  • 大磯歴史語り

    明治150年記念連載

    大磯歴史語り

    第34回「吉田茂【1】」文・武井久江

    11月22日号

大磯・二宮・中井版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク