小田原版 掲載号:2013年3月30日号
  • googleplus
  • LINE

J1リーグ「サガン鳥栖」で活躍する 磯崎 敬太さん 小田原市出身 32歳

感謝の気持ちを原動力に

 ○…Jリーグディヴィジョン1・2012年シーズンで旋風を巻き起こした「サガン鳥栖」の左サイドディフェンダーとして26試合に出場。持ち味の献身的な守備と攻撃参加でチームを5位に導いた。「J2から上がって1年目の結果としては出来すぎ。J2を戦ったメンバーが変わらず、チーム戦術が成熟したことと、早いうちに1勝できて波に乗れたのが大きかった」と、自身2度目となるJ1挑戦のシーズンを振り返った。

 ○…6歳の頃、1学年上の先輩が楽しそうにプレーする姿に憧れ、地元の少年チームでサッカーを始めた。酒匂中学3年の時には県代表に選出。大会での活躍を買われ、山北高校に通いながらベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)ユースチームに所属し、高校卒業後の99年にプロデビューを果たした。これまでに14年間で4つのクラブでプレーを経験。ケガにも強く、J1・J2で通算300試合以上に出場している「鉄人」だ。

 ○…グラウンドを離れると、勝負師の顔は影をひそめ優しい父親の顔に。「いくら試合で疲れていても子どもと一緒にいると次の試合に向けたエネルギーが補給できる」と、妻と2歳の息子の3人で過ごす時間がなによりの楽しみだ。その優しい性格に惹かれる人も多く、シーズンオフには地元へ戻り、学生時代の仲間たちと会うのが恒例。「サッカーを通じて知り合った自然体でいられる友人。離れていても自分の事を支えてくれるみんながいるから今の自分がいる」と、感謝の気持ちはサッカー選手としての原動力となっている。

 ○…チームの本領が試される2年目のJ1リーグが開幕した。「今シーズンは昨季と違い、他のチームから研究される。自分にできることを堅実にこなし、1つでも多く勝ち、1つでも上の順位を目指したい。その結果が昨シーズンあと一歩だったAFC(アジアチャンピオンズリーグ)出場に結びつくはず」と2年目に向け気合十分だ。
 

小田原版の人物風土記最新6件

津川 真人さん

日本リトルシニア全国選抜野球大会に導いた

津川 真人さん

2月17日号

山川 太郎さん

湘南ベルマーレフットサルクラブのサポーター代表を務める

山川 太郎さん

2月10日号

荒木 信広さん

10代の悩み相談室の開設に向けて準備を進めている

荒木 信広さん

2月3日号

青木 真美さん

2017年度青年海外協力隊3次隊員としてウガンダに派遣された

青木 真美さん

1月27日号

鈴木 智明さん

20周年を迎えた神奈川県立生命の星・地球博物館友の会の会長を務める

鈴木 智明さん

1月20日号

石崎 健太郎さん

(公社)小田原青年会議所 第61代理事長に就任した

石崎 健太郎さん

1月13日号

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

南足柄で街コン

参加者募集

南足柄で街コン

3月3日(土)ezBBQcountryで

3月3日~3月3日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月17日号

お問い合わせ

外部リンク