川東佛教会の会長に就任した 片岡 秀明(しゅうみょう)さん 小田原市国府津在住 72歳

掲載号:2020年6月13日号

  • LINE
  • hatena

仕事は自ら追い掛ける

 ○…小田原市国府津の安樂院の住職で、今年、市内の寺院50カ寺以上が所属する「川東佛教会」の会長に初めて就任した。「身の引き締まる思い。任期中の3年間は、特に各宗派がそれぞれの特色を発信できる機会を設け、会員同士の理解を一層深められるよう努めていきたい」。会長だからと大上段に構える気などなく、謙虚な姿勢で熱意を語る。

 ○…生まれ育ちは藤沢市。父親が住職を務めていた藤沢市内の寺は兄が継ぐため、自身は自由に進路を模索していた。特に理系が得意で、数学教師を目指して教職課程に励んでいた大学4年のとき、大きな転機が訪れた。父親から縁談を告げられ、卒業を間近に控えた2月に見合いに臨んだ。「お相手が安樂院のご住職(当時)の娘だった」。それまで小田原にゆかりはなかったが、縁に導かれ結婚を決意。卒業後、高野山で1年間の修行を積み、僧侶の道を歩み始めた。

 ○…「新しもの好きで、現状維持が嫌いな性格。変化することは苦じゃなかった」と言い切る。古典的な仏教のイメージにとらわれず、多くの人と交流を深めるためには、LINEやフェイスブックなどSNSを積極的に活用する。家庭では3人の子宝に恵まれ、孫は2人。「孫たちは可愛すぎて困るくらい。毎日、保育園に送り迎えするのが日課です」と目尻が下がる。

 ○…いまも大切にしている父の教えがある。「仕事は、追われるのではなく、追い掛けろ」。自ら率先して働くことの大切さを説く父の思いを胸に、会長職の傍ら、今後追い掛けたい大仕事がある。「平安時代に建立された安樂院は、2033年に1200年を迎える。ぜひ創建1200年祭を開催したい。それまでは元気でいなきゃね」

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

清水 勲さん

内閣府からエイジレス章を受章した

清水 勲さん

小田原市城山在住 77歳

10月24日号

芥川 卓さん

小田原市倫理法人会の会長に就任した

芥川 卓さん

開成町在住 57歳

10月17日号

山本 博文さん

横浜銀行の理事・小田原支店長を務める

山本 博文さん

小田原市出身 55歳

10月10日号

栁下 正祐さん

10月1日付で小田原市教育長に就任した

栁下 正祐さん

小田原市寿町在住 65歳

10月3日号

初鹿 真樹さん

小田原バリアフリーマップづくりに取り組む作業療法士

初鹿 真樹さん

小田原市中町在住 43歳

9月26日号

松本 一彦さん

新町長として真鶴町政の舵取り役を担う

松本 一彦さん

真鶴町在住 54歳

9月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月24日号

お問い合わせ

外部リンク