足柄版 掲載号:2019年12月14日号 エリアトップへ

開成町北部振興第2部へ 瀬戸屋敷の指定管理者継続

経済

掲載号:2019年12月14日号

  • LINE
  • hatena
農泊の振興に向け多くの参加者を集めた講習会。下写真は瀬戸酒造店の森隆信社長(左)と講師の堺井氏
農泊の振興に向け多くの参加者を集めた講習会。下写真は瀬戸酒造店の森隆信社長(左)と講師の堺井氏

 開成町北部地域活性化事業の中心施設である「あしがり郷瀬戸屋敷」の2期目の指定管理者が1期に引き続き、(株)オリエンタルコンサルタンツに決まった。12月6日の開成町議会で承認された。

 瀬戸屋敷は来年4月に開業予定の新たな地域交流拠点整備や、駐車場の拡大が進められており、開成町の田舎モダンにふさわしい地域産品の開発と販売、および味噌や麹などの体験コンテンツを充実させ、開成町北部地域活性化を加速させる計画だ。

 また、同社の子会社である(株)瀬戸酒造店を中心とする「開成町農泊推進協議会」が発足し、地域内の「農」と「食」と「体験」を組み合わせた農業振興と、地域の魅力づくりを進めていく。この取り組みの第1弾として、同協議会は、中小企業基盤整備機構理事・堺井啓公氏を講師として迎え12月1日、開成町民センターで『“稼ぐ農業”を通じた地域の魅力づくり』講習会を開催した。

 当日は、開成町内の農家や、関心がある36人が参加し、同協議会が目指す農泊振興のあり方や、開成町における観光資源の可能性について講演を行った。

 また、今後の取り組みへ意欲的な参加者と熱い意見交換が行われ、府川裕一開成町長からも後押しする力強いメッセージが届いた。

 この取組みは、今年度、農林水産省の「農山漁村振興推進事業」の採択を受けている。同協議会が主体となり地域の構成員と連携しながら、農泊を通じた交流人口の増加によるビジネス化を通じて、地域の課題解決をはかる。地域の農作物の収穫・加工や農家への宿泊を通じた農泊体験プログラムや、外国人富裕層をメインターゲットとした新規体験プログラムの開発、ツアーの造成を実施していく予定だ。

足柄版のトップニュース最新6

電動軽量で負担減を

南開工業(株)

電動軽量で負担減を 社会

草の家へ車いす寄贈

11月28日号

ダム建設時以来の中止

世附百万遍念仏

ダム建設時以来の中止 文化

600年続く伝統行事

11月28日号

小・中学校へハンドジェル

足柄RC

小・中学校へハンドジェル 社会

創立30周年で1市5町へ

11月21日号

認知症へ理解深めて

認知症へ理解深めて 教育

吉田島高でサポ養成講座

11月21日号

素材生かし「寄」に賑わいを

素材生かし「寄」に賑わいを 社会

魅力発信へ有志が新組織

11月14日号

山北を走って巡ろう

山北を走って巡ろう 社会

観光振興の可能性探る

11月14日号

ラスカ茅ヶ崎・平塚・小田原

11月26日(木)から29日(日)はJREポイント5倍キャンペーンを実施!

http://www.lusca.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月28日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 11月14日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月28日号

お問い合わせ

外部リンク