秦野版 掲載号:2017年5月12日号
  • googleplus
  • LINE

市内で唯一「白象行進」 三廻部地区で花まつり

文化

花を撒きながら出発した一行(写真提供/有川格さん)
花を撒きながら出発した一行(写真提供/有川格さん)
 お釈迦様の生誕を1カ月遅れで祝う「花まつり」が天台宗孫佛山観音院(秦野市三廻部653、宮本知信住職)で5月7日に開かれ、三廻部子供会が健康や長寿を祈願した。

 三廻部地区では、稚児行列の他に独自の「白象行進」を行っている。地域住民手作りの白象の背中にお釈迦様を祀った花御堂が設置されたもので、飾り付けの花は子どもたちが自宅の庭等で摘んできたものだ。宮本住職によると、「秦野市内ではここだけ」だという。

 同寺を出発した一行は地域を練り歩き、老人介護福祉施設菖蒲荘を慰問したりした。その後、寺に戻り全員で献灯などを行った。

 宮本住職は「これからも皆が元気に明るく過ごせるように、地域の行事を大切にしていきたい」と話した。

秦野版のローカルニュース最新6件

サラダたっぷり食べられます

ランチタイムご利用のお客様全員に!3月31日まで

http://www.grandhotel-kanachu.co.jp/tokoen/

<PR>

秦野版の関連リンク

あっとほーむデスク

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

冬の野鳥観察会

冬の野鳥観察会

1月27日 くずはの家

1月27日~1月27日

秦野版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

秦野版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク