秦野版 掲載号:2022年1月28日号 エリアトップへ

新品種イチゴ 秦野も生産 神奈川ブランド「かなこまち」

社会

掲載号:2022年1月28日号

  • LINE
  • hatena
村上いちご園ではイチゴ狩りで楽しめる
村上いちご園ではイチゴ狩りで楽しめる

 約35年ぶりに誕生した神奈川県オリジナルのイチゴ品種「かなこまち」。市内では5軒が取り扱っており、取材に訪れた村上いちご園(戸川)ではイチゴ狩りでその味を楽しむことができる。

 「かなこまち」は神奈川県農業技術センターが昨年12月24日に発表。県独自のイチゴ品種としては1986年に品種登録された「紅寿」以来となる。同センターによると、静岡県育成品種の「紅ほっぺ」と群馬県育成品種の「やよいひめ」を交配させたもので、糖度が高く、酸味とのバランスが良い大粒の品種だという。品種名の「かなこまち」は「神奈川」と世界三大美女として知られる「小野小町」から「神奈川生まれの美しくておいしいイチゴ」という思いが込められ、名付けられた。

 2020年に試験栽培が開始され、翌年には「神奈川県いちご組合連合会」のうち希望した一部が栽培。面積あたりの収穫量が多く、都市部での栽培も期待できるといい、本格的な生産販売は2023年を目指すとしている。市内での栽培農家は村上いちご園を含む5軒で、栽培面積は約340平方メートル。今年度は試作段階のため出荷量は多くはないが、5月のゴールデンウィーク前後まで販売するという。

 村上いちご園では昨年10月から栽培を開始。現在はかなこまちのみでの販売はしておらず、イチゴ狩り専用で食べることができるという。「完熟するととても甘く、色も濃く風味も良い」と同園の村上洋さん。「スーパーマーケット等ではまだ出ない品種なので、当園でぜひご賞味いただければ」と話している。

秦野市北矢名 猫を探しています

キジトラ白 短いしっぽが特徴 連絡先 原田090-6167-7977

<PR>

秦野版のトップニュース最新6

1枚の絵に“秦野”込め

秦野総合高近颯夏さん

1枚の絵に“秦野”込め 教育

NEXCOのエコバッグに

5月13日号

“エンディング応援”を開始

“エンディング応援”を開始 社会

秦野市社協が新事業

5月13日号

版画作品で優秀な成績

鶴巻の山田姉妹

版画作品で優秀な成績 社会

鉄印コンと年賀コン

5月6日号

「母の日」控え出荷最盛

「母の日」控え出荷最盛 社会

市内のカーネーション農園

5月6日号

札所巡りの歴史継ぐ

医王山天徳寺

札所巡りの歴史継ぐ 社会

坂東三十三観音石仏を新設

4月29日号

畑から鏃(やじり)発見

西田原の片野さん

畑から鏃(やじり)発見 社会

4千〜5千年前と推測

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第3回・もがくほど深みに

    5月13日号

  • 新年度当初予算が成立‼

    コロナ対策に重点を置き「地域再生」を目指す 県議会報告㉘

    新年度当初予算が成立‼

    神奈川県議会議員 神倉ひろあき

    5月6日号

  • 「我が人生の歩み」

    なんつッ亭大将 古谷一郎 【私の履歴書】 シリーズ

    「我が人生の歩み」

    第2回・暴走族になり、高校は退学へ

    5月6日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

秦野版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook