小田原版 掲載号:2017年11月18日号
  • googleplus
  • LINE

そばづくりで育む絆 久野で体験塾

文化

細〜く長〜く、そば生地を畳んで切る姿も真剣
細〜く長〜く、そば生地を畳んで切る姿も真剣
 種まきからそば打ちまで、一連のそばづくりを親子で体験する久野地区の「里山親子そばづくり体験塾」。7回目となる今年は、23組の親子が応募した。10月の雨で刈り取りができなかったが、11月5日にそば打ちが行われ、親子で新そばの味を楽しんだ。

 体験塾は約40の団体が参加する久野地区各種団体代表者会が主催し、約200人が協力。そば打ちの会場も地域の人によるもので、湿度や温度を保つためにテントで密室をつくった。参加者たちは箸づくりやせいろ・猪口の仕上げにも挑戦。「子どもがこんなに真剣になっているのは初めて」「来年も企画してほしい」との声が上がった。第1回目から企画をしている美しい久野里地里山協議会の星野清治さん(85)は「期待してくれる人がいるということが、一番望んでいたこと。これからも子と親、子と地域の絆を大切に、子育ての環境をつくっていきたい」と意気込みを語った。

小田原版のローカルニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

天守閣に冬桜舞う

天守閣に冬桜舞う

きょう点灯式

12月9日~3月4日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月9日号

お問い合わせ

外部リンク