青葉区版 掲載号:2014年10月16日号
  • googleplus
  • LINE

危険崖地 青葉区で9カ所 台風受け指定、市内203カ所

社会

 10月13日から14日にかけて横浜市周辺に最接近した台風19号に備え、市は10日、市内の崖地で危険度の高い203カ所を発表。青葉区内は9カ所が指定された。前週に、緑区などで土砂災害をもたらした台風18号を受けての緊急措置。区職員は先週末、当該地の周辺住民に対するビラ配布などの周知、啓発活動を行い、避難所の開設など対応にあたった。

 今回発表されたリストは、崖の高さや家屋までの距離によって危険と判断された崖地。リストは「大規模な崖崩れが予想される崖地」(181カ所)「宅地造成等規制法違反のある崖地」(5カ所)「開発等による工事が中断している崖地」(17カ所)の計203カ所。神奈川県か気象台が土砂災害警戒情報を発表した際に、「当該崖地周辺の住民に対して避難勧告を発令する」とした。

 区内で「危険度の高い崖地」に指定されたのは、▽若草台いきいき健康農園付近(2カ所)▽つつじが丘環状4号線沿い▽恩田町成瀬寄り▽恩田町奈良川寄り山の中(2カ所)▽恩田町2丁目寄り山の中▽元石川町御嶽神社付近▽奈良町住吉神社付近―の9カ所だった。いずれも土砂災害警戒区域のうち建物が近接している崖地で、「大規模な崖崩れが予想される崖地」に分類された。区の担当者は「数値に基づいて機械的に指定されたもの。『指定=危険』とは言い切れないが、念のため警戒することは大切」と呼びかける。

5カ所に避難所

 リストは市総務局危機管理室のウェブサイトで公開されたほか、区役所掲示板に掲出。区や消防署の車両などで巡回し周知した。また、区独自に約130世帯へのビラ配布など啓発活動も行われた。

 13日には、避難勧告の有無に関わらず住民を受け入れようと、当該地周辺の学校5カ所(元石川小、つつじが丘小、田奈小、あかね台中、奈良中)の避難所を午後4時に開設。土砂災害だけでなく、奈良川の増水なども想定し、500人ほどの避難に備えた。台風18号による、全市的な被害を受けての対応となる。指定を受けた奈良町住吉神社付近の奈良町連合自治会、関根宏一会長は「非常に素早い対応でよかった。それほど危険は感じていないが、事前対応は大切」と語った。

暑中お見舞い申し上げます

メディカルモールたまプラーザ

医院・薬局で地域の健康を総合的に支えます

http://mm-tamapla.com/

伊藤忠紙パルプ株式会社

新しい価値を創造する 新しい形態の紙流通会社

https://www.itcpp.co.jp/

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

荏子田・青葉応援団運営委員会

誰かを応援するってなんだかとっても気持ちがいい!!

https://aobaouen.wixsite.com/home

グレースハープ横浜

たまプラーザのハープ教室で、憧れのハープを気軽に体験!

http://yokohama-harp.com/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6件

神奈川県議会議員 内田みほこ

震災など災害対策を推進!自転車の保険加入も

http://www.rose-miho.com/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「辛旨(からうま)」を楽しんで

「辛旨(からうま)」を楽しんで

23日〜 藤が丘で汗まつり

7月23日~8月10日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク