緑区版 掲載号:2018年8月30日号 エリアトップへ

北八朔町吉濱巧さん 浜なし品評会で県知事賞 「今後も努力続ける」

社会

掲載号:2018年8月30日号

  • LINE
  • hatena
ナシを手に笑顔の巧さん(前列左)と真さん(同右)ら
ナシを手に笑顔の巧さん(前列左)と真さん(同右)ら

 23日に行われた「浜なし・浜ぶどう持寄品評会」(横浜農業協同組合主催)で、区内北八朔町の吉濱巧さんが最高位となる「神奈川県知事賞」(優秀賞)を受賞。「素直に嬉しい。今後も努力は続けていく」と喜んだ。

45年前から栽培

 吉濱巧さん(54)は現在、約1ヘクタールある畑で息子の真さん(23)らと浜なしの栽培をしている。巧さんによると、吉濱家では今から約45年前に祖父の松雄さんが栽培を始め、その後は父の一さんが収穫量などを増やしてきたという。巧さん自身は、以前養豚に精を出していたが、30歳になる頃にナシ栽培に転向。約25年間に渡り従事してきた。

 同品評会は、市内の果樹生産者から、ナシ(主に豊水)とブドウ(シャインマスカット、藤稔)が出品された。その内、ナシは64点の出品。審査員(神奈川県農業技術センター横浜川崎地区事務所長を筆頭に横浜市農業振興課職員、横浜農業協同組合の技術顧問ら)によって、形や色、糖度などを審査された。

糖度は15以上

 これまで県知事賞は父の一さんが2度受賞。巧さんは06年に続いて2度目となる。ナシの標準的な糖度について「13〜15かなあ」と話す一方で、今回県知事賞に輝いたナシの糖度は15・9。神奈川県果樹組合連合会長賞(優良賞)を取ったナシは16・5とどちらも高い数値となった。

 「今年は梅雨明けが早かったが、日照りが良かったし順調に生育していた。素直に嬉しい」と受賞を喜んだ。

 また、「いかに多く畑に出向くかが良いナシを作るカギ。水やりが必要かどうか、害虫が付いていないかを把握することが重要。様々な面で質を上げていくことを掲げた1年だった。今後も努力は続ける」と語った。

 なお、庭先での直売は9月中旬頃まで行う予定だという。

 その他、区内の受賞者は以下の通り(敬称略)。▽菅原三雄(優秀賞、横浜市環境創造局長賞、優良賞)、▽持田克治(良好賞)

緑区版のトップニュース最新6

地域の居場所創出へ

活用方法を模索

地域の居場所創出へ 文化

住民主体の取り組み進む

1月16日号

「指定ごみ袋制」検討へ

横浜市

「指定ごみ袋制」検討へ 社会

環境への配慮も背景に

1月16日号

オール緑が県の頂点

少年野球大会

オール緑が県の頂点 スポーツ

「ONE TEAMで挑んだ」

1月16日号

緑区の魅力を再発見

新春区長インタビュー

緑区の魅力を再発見 社会

各事業で50周年をお祝い

1月9日号

「北西線」3月22日開通

市・首都高共同事業

「北西線」3月22日開通 社会

市内経済活性化など期待

1月9日号

「にぎわいと活力生む年に」

林市長インタビュー

「にぎわいと活力生む年に」 社会

IR誘致へ「理解求める」

1月1日号

1,904人が船出

緑区の新成人

1,904人が船出 教育

13日、横アリで式典

1月1日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク