港北区版 掲載号:2020年4月2日号 エリアトップへ

劇団四季『マンマ・ミーア!』横浜公演にスカイ役で出演予定の 竹内 一樹さん 横浜市在住 劇団四季俳優

掲載号:2020年4月2日号

  • LINE
  • hatena

新たな気持ちで転機の役

 ○…ポップグループABBAのヒット曲にのせ展開するミュージカル『マンマ・ミーア!』。横浜公演にスカイ役で出演予定。楽曲の中で特に好きな「ダンシング・クイーン」は「歌詞も好きで悩みも全部忘れて前に進もうというパワーをもらえる。暗いニュースもあるが、作品を観て少しでも明るい気持ちになってもらえれば」と話す。

 ○…大阪府出身。幼少期には親戚一同でカラオケに行くほど歌が好きな家系で「演歌を歌ってかわいがってもらっていた」。中学生でジャズダンスにのめり込み、ダンスを続ける環境を求めてミュージカルを習える大学へ。同期に触発され劇団四季を目指し、2007年研究所に入所。初舞台では「稽古場の緊張感が忘れられないが、終演後カーテンコールで客席の景色を見たとき、やっと舞台に立てたんだと実感した」。

 ○…自身の転換期となったのが同作のスカイ役だ。2011年に最初のチャンスを掴み「先輩たちに手取り足取り指導していただいて、いろんな人の力添えで出演できた」と苦労を滲ませる。舞台に立つことの難しさを思い知ったと同時に、いろいろな作品に挑みたいと思うようになった。今回6年ぶりに演じるが、役を追い求める姿勢は変わらず表現されない内面を掘り下げ続けている。常に心がけているのは謙虚であること。ルックス、キャリアが揃った”パーフェクト・ガイ”の役は「自分と似ていると思わないけれど、だからこそ演じられるのは楽しい」と爽やかに笑う。

 ○…「みなとみらいのような、海のあるエリアに惹かれる」といい、「KAAT神奈川芸術劇場の舞台に立つのが待ち遠しい。『マンマ・ミーア!』はポジティブになれる作品。幅広い世代の方に楽しんでほしい」。

港北区版の人物風土記最新6

酒井 洋輔さん

妙蓮寺近隣のローカルサイトを立ち上げた、松栄建設(株)代表取締役社長の

酒井 洋輔さん

妙蓮寺在住 42歳

6月4日号

新井 鷗子さん

4月1日付で横浜みなとみらいホールの新館長に就任した

新井 鷗子さん

東京都在住 57歳

5月28日号

阿部 和彦さん

飲食店救済のクラファンを企画した、「MADE IN HANDS」代表の

阿部 和彦さん

綱島在住 34歳

5月21日号

豊田 直之さん

水中写真家で、環境保全活動を行う「NPO法人海の森・山の森」理事長の

豊田 直之さん

菊名在住 60歳

4月30日号

吉田 崇さん

港北消防署長に就任した

吉田 崇さん

港北区在勤 57歳

4月23日号

大場 英美さん

30周年を機に、更なるサービス充実を目指す福祉クラブ生活協同組合の理事長を務める

大場 英美さん

日吉在住 57歳

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク