都筑区版 掲載号:2015年4月30日号 エリアトップへ

ミニヨコ新市長橋本さん 「笑顔通じて楽しいまちに」 仮想都市の運営語る

教育

掲載号:2015年4月30日号

  • LINE
  • hatena
広報ポスターを掲げ、笑顔の橋本さん
広報ポスターを掲げ、笑顔の橋本さん

 ハウスクエア横浜(中川1の4の1)で4月3日から5日まで行われた「ミニヨコハマシティ」(以下ミニヨコ)。19歳以下の子どもたちだけで仮想都市を運営する社会体験プログラムで、5日には今後1年間、まちのトップとして市民(参加者)を先導する人を決める「市長選挙」が行われ、区内在住の橋本みなみさん(12)が新市長に就任した。獲得票数は151票で、2位と約20票差をつけて勝ち取った市長の座。橋本さんは「皆さんの期待を裏切らないようにしたい。一人ひとりの意見をしっかり聞いて、身近な市長として活動したい」と抱負を語る。今後は他地区で行われる仮想都市の視察、夏祭りの企画などに注力する。

魅力を発信する側に

 ミニヨコの特徴は役所や学校、銀行などの公的機関も用意し、その運営も子どもたちだけで行うこと。橋本さんは小学5年生で初参加。都市内で流通する通貨「ミニヨン」を得るために学校の教師を務め、労働を体験した。橋本さんは「自分たちの好きなことができる自由さが楽しかった」と振り返る。その楽しさを運営側として発信したいと考えるようになり、翌年、市長選挙に初挑戦。市長の座は得られなかったが、副市長に就任した。これまで得た知識や経験をもとに、今年の選挙では「笑顔を通じてミニヨコを楽しいまちに」とアピール。その思いは市民に伝わり、初当選へとつながった。

本物のまちづくりも

 「緑道を散歩すると、四季の移り変わりを感じ取れる」と都筑区の魅力を語る橋本さん。地元の企業などを子ども目線で取材する「つづきジュニア編集局」の記者のひとりとしても活動する。また県が取り組む事業で、青少年を地域のまちづくりの現場に派遣する「特命子ども地域アクター」にも興味があるようだ。「機会を見つけて、いつかは本物のまちづくりも間近で体験したい」と話す。志高く地域に深く入り込み、持ち前の笑顔を周囲に振りまいていく。

市民の声に傾聴
市民の声に傾聴

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のローカルニュース最新6

赤い羽根募金に寄付

赤い羽根募金に寄付 社会

川和町(有)大興資源

10月24日号

新会員を募集中

中川駅前商業地区振興会

新会員を募集中 社会

10月24日号

”サポカー”試乗体験会

食品ロス削減呼び掛け

市資源循環局

食品ロス削減呼び掛け 社会

フードバンク団体と連携

10月24日号

国際プールで初試合

横浜ビーコル

国際プールで初試合 スポーツ

19、20日は島根戦

10月17日号

小松亮太さんら出演

タウンニュース社主催

小松亮太さんら出演 文化

タンゴスペシャルコンサート

10月17日号

震災体験者の講演会

震災体験者の講演会 文化

10月27日 都田小

10月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月26日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

  • 9月12日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月24日号

お問い合わせ

外部リンク