戸塚区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

谷矢部池公園 地域交流施設が誕生 住民の熱意が結実

社会

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena

 「ヨコハマ市民まち普請事業」に選ばれた谷矢部池公園愛護会による、同園内の交流施設「ぷらっと谷矢部」(矢部町1996)が3月10日、開所した。同日、披露会も開かれ、住民間の親睦が深められる場としての役割を早くも果たし始めている。

 身近な生活環境の課題改善のため、ハード面の整備を主体的に行う市民グループに市が最高500万円の助成金を交付する同事業。

 谷矢部池公園愛護会は、園内での竹灯籠まつりや豊かな自然に生息する生き物の観察会を開催するなど、熱の入った活動を継続してきていた。しかし、そうした催しをする際、会議をしたり、作業をしたりする場がなかったことから、同事業に応募。2次審査を経て最高額の500万円の助成を受けていた。今回、施設運営にあたりNPO法人ぷらっと(浦島路子理事長)を立ち上げ、「ぷらっと谷矢部」を整備した。

 施設は20畳ほどの広さを持つコンテナハウス。室内整備はこれからだが、交流スペースや園内の花や野鳥の写真を展示するギャラリースペースなどを設けるという。予算に限りがあるため、テーブルや椅子などは近隣の自治会などから寄贈されたものなどで賄う方針。表札も近隣のアザリエ自治会の手作り品だ。浦島理事長は「皆さんの温かい気持ちが形になった施設です」と笑顔を見せる。

捕獲外来魚を展示

 また、昨春公園内の池で捕獲し、話題となった1m近くある外来魚・アリゲーターガーのはく製も展示する。何者かが同外来魚を飼いきれず池に捨てたことによりすみついたと推察されているが、今後こうしたことを二度として欲しくないというメッセージを伝えるためという。

 10日には関係者が多数出席したなか、披露会が開かれ、除幕式などが行われた。

 浦島理事長は「施設は運営が軌道に乗るまで、当面は週に2〜3回開く方針。皆さんの後押しでようやく開設できました。まさに”地域力”の結集。気軽に立ち寄ってもらえれば」と話していた。

平成横浜病院

ヘルスケアセミナー5月18日(土)「排泄って大切!」参加無料・先着50名

https://yokohamahp.jp/

フォーラム映画上映会

横浜市戸塚区上倉田町435-1 045-862-5056

http://www.women.city.yokohama.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

極真空手国際大会で優勝

大正中1年保立君

極真空手国際大会で優勝 スポーツ

得意の上段蹴り決める

12月5日号

「稼げる」情報に落とし穴

「稼げる」情報に落とし穴 社会

5年で相談件数約10倍

12月5日号

「子どもSOSの本」 展示

戸塚図書館

「子どもSOSの本」 展示 社会

児童虐待防止の啓発活動

11月28日号

「SDGs(エスディージーズ)」の取組発信

区内の団体等紹介イベント

「SDGs(エスディージーズ)」の取組発信 文化

10周年で初の企画

11月28日号

全日本コンクールで「金」

川上小「特別合唱クラブ」

全日本コンクールで「金」 文化

鍛えた表現力届ける

11月21日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月21日号

脳梗塞経て「再び合気道を」

戸塚町在住吉田さん

脳梗塞経て「再び合気道を」 スポーツ

周囲の後押しで稽古励む

11月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク