戸塚区版 掲載号:2020年3月19日号 エリアトップへ

県政報告 県民へ実用的な情報提供を 神奈川県議会議員 北井宏昭

掲載号:2020年3月19日号

  • LINE
  • hatena

 新型ウイルス対策で、今年4度目の質問を行いました。テーマは、自己防衛のための実用的な情報提供。マスク・消毒剤が無い状態が続いている中、私は使い捨てマスクを熱湯煮沸と次亜塩素酸水とで処理して、何回か再利用しています。

 そもそも一般のマスクは飛沫対策。症状は無いものの、感染者かもしれない自分自身が、飛沫を最小限にして他人に浴びさせず、最低限自らも守るものとの認識です。患者が替わるたび、医者がマスクを新品にするのと訳が違うのです。

 再利用マスクは、自分だけが使うので、完璧でなくても一定の効果は見込めるはずです。もし、それがダメなら、布製の手づくりマスクもNGになりかねません。

 マスメディアからの情報は錯綜し、何が本当に有効・有用か判断出来ない状況。そのことに県民が難儀していることを伝えた上で、「やむを得ない場合の再利用法や代用品」について、行政からの情報提供が必要だと訴えました。しかし県は否定的で、少しでもリスクを伴うことは発信しないのです。とにかく県の回答は「症状が出たら、会社や学校に行かずに、自宅療養を促す」と分かりきったこと。

 このような状況下でも、社会を動かし回してくださっている方々は大勢いらっしゃいます。真に有用なのは、そうした方々への情報です。マスクは「こんな方法で殺菌出来る」「せめて使用限度はここまで」とか「消毒剤の次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの違い」など、必要なのは実用レベルの情報です。

 今後も、県民に必要・有用な情報を提供するよう、行政に求めます。

北井宏昭

戸塚区戸塚町3870‐1

http://www.kitai-hiroaki.jp

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

神奈川モデル「新たな日常」の提唱

県民のいのちと暮らしを守る 県政レポート

神奈川モデル「新たな日常」の提唱

県議会議員・松田よしあき

9月24日号

日本の今日と未来のために、新党がスタート

日本の今日と未来のために、新党がスタート

立憲民主党 衆議院議員 山崎誠

9月24日号

コロナ禍での避難所の在り方 質疑

皆様の声をカタチに! 市政報告

コロナ禍での避難所の在り方 質疑

横浜市会議員 中島みつのり

9月17日号

市への提言に全力投球

ガッツ市政政告【3】

市への提言に全力投球

横浜市会議員 坂本勝司

9月10日号

大学生が将来の生き方を探る

横浜市会報告

大学生が将来の生き方を探る

横浜市会議員 鈴木太郎

9月10日号

下水道による市内の浸水対策

元ワーキングママがゆく 36 市政レポート

下水道による市内の浸水対策

横浜市会議員 伏見ゆきえ

9月3日号

自分と家族の命を守ろう!

台風シーズン到来! 戸塚区役所が作成する3種類のハザードマップ確認

https://www.city.yokohama.lg.jp/totsuka/kurashi/bosai_bohan/saigai/hazardmap.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク