鶴見区版 掲載号:2022年1月13日号 エリアトップへ

県政レポートNo.7 未来のために、人への投資を 神奈川県議会議員 ためや 義隆

掲載号:2022年1月13日号

  • LINE
  • hatena

コロナ後を見据える年に

 昨年末から街も賑わいを取り戻しつつありますが、感染症は第6波の懸念もあり、引き続き用心しなければなりません。その一方で、アフターコロナを見据える必要もあります。

 地域経済の振興のため、県では「かながわPay」などで消費喚起に取り組んでいますが、これら施策の効果検証を行い、今後に活かすことが必要です。

 今年も地域の声に寄り添った活動を行い、県議会でしっかりと声を上げてまいります。

教育こそ人づくり

 昨年の県議会文教常任委員会にて、教員の質の維持やネットいじめ対策について議論を行いました。県の調査によると、小中学校でのいわゆるネットいじめが増えています。

 表に出にくいネットいじめだからこそ、見つけた時にしっかりと声を上げる教育、啓発が重要と指摘。ICT機器は効果的に活用できる反面、傷つけあう道具にもなりえます。

 これは社会として考えなければならない現代の課題といえます。

 教員採用試験の志願者数や平均倍率は年々下がっており、教員の質の維持という観点でも危機的な状況です。

 かつて日本育英会の奨学金は、教員になる場合は返還免除でしたので、こうした動機付け・インセンティブが働く仕組みの実施を提案しました。

 県教育委員会は、制度の研究をしていくという答弁でしたが、未来のためには教育こそ最重要。今後も議論・提言を続けてまいります。

爲谷義隆

横浜市鶴見区鶴見中央 1-3-18 三富ビル3 F

TEL:070-4376-3289
FAX:045-330-7034

https://ameblo.jp/tameya/

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

未来のために、人への投資を

県政レポートNo.7

未来のために、人への投資を

神奈川県議会議員 ためや 義隆

1月13日号

ロボットの社会実装提言の新事業が形に

県政報告ひでしの「実績で勝負」64

ロボットの社会実装提言の新事業が形に

公明党 鈴木 ひでし

1月6日号

市民生活が前進するように今年も頑張ります

市政報告

市民生活が前進するように今年も頑張ります

日本共産党横浜市会議員 古谷(ふるや) やすひこ

1月1日号

覚悟を持ち、希望を取り戻す

令和3年の振り返りと今後の取り組み 市政報告みちよレポ【14】

覚悟を持ち、希望を取り戻す

横浜市会議員(自民党)東みちよ

1月1日号

万全の体制で3回目接種を

市政報告太'sレポート 121

万全の体制で3回目接種を

横浜市会議員 公明党 尾崎太

1月1日号

信頼そのままに。

意見広告

信頼そのままに。

衆議院議員 中西けんじ

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook